北翔大学 幼児教育コース ゼミ活動

幼児教育コース3年生のゼミ活動をご紹介します。毎月1回、土曜日に江別市内の児童通所支援センターの子ども達が遊びに来てくれます。音楽遊びを中心に、体操や言葉遊び、運動遊びなどを行うので学生達はプログラムを考え、教材を準備します。ゼミ生の他にもボランティアで継続的に関わっている学生もいて、前に出て説明したり手本を示したりと子ども達との関わりを楽しんでいます。後には皆で反省会をして次回の活動に繋げます。学生の振り返りから抜粋します。

 

 

Mさん「音楽があることで言葉がなくても楽しく活動できると思いました。全体に伝わるような言葉がけをしたいと思います。」

Rさん「これまで先輩達の様子を見ていて、今回、初めて進行を担当しましたが、うまくできなかったので、もっと上手にできるようになりたいです。『音符列車』は音に合わせて体を動かすのでリズム感覚を養える遊びだと思いました。」

Yさん「前回よりも遊びを通して子ども達と深く関わることができました。また、子ども達は音楽遊びの時にリズムに乗っていて楽しそうだったし、サーキットの時にBGMとして聞こえてきた歌も一緒に歌いながら友達を応援していました。次回は時間を考えながら進めたいと思います。」

Sさん「子ども達の興味・関心を引き出すための言葉がけを意識して活動できました。ボランティア2回目でまだ慣れないことが多くあるので、一人一人のニーズに合わせた説明や援助ができるようになりたいです。」

Tさん「今日は、一人一人と関わることができました。音楽が始まると『よし、やるぞ』という気持ちになったり、曲が終わると切り替えがスムーズにできることに気づきました。」

Aさん「役割の中で積極的に関わり、子ども達から感想や次回にやってみたいことなどを聞くことができました。次回は、テンションが上がりすぎる子ども達への対応を工夫したいです。」

(伏見千悦子)

写真掲載については施設職員の方に許可いただいています。

北翔大学 幼児教育コースでこどもフェスティバル開催

札幌で現代アートを体験するワークショップ

先生の道を目指す人にオススメのワークショップがあります。新しい学習指導要領「図画工作」では「造形遊び」が大切に

されるようになりました。「造形遊び」は「現代アート」のために生まれてきたわけではありませんが、今回のテーマ「きる はる つなぐ つみあげる」は、造形遊びの大切な要素になっています。この体験をしておくことは、貴重な経験になるでしょう。もちろん幼児教育を目指す人にも。

 

(山崎正明)

《学生Report》「大学で初めての夏休み」

幼児教育コース1年 A君の充実した夏休みの様子をご紹介します。4年制大学ならではの長期の夏休みは、資格取得の勉強や読書はもちろん、興味のあることに打ち込んだり、ボランティア、旅行など見聞を広めたりする機会でもあります。百聞は一見にしかず。自分から行動し、五感を働かせて感じ取ってきたことは得がたい経験になります。

(伏見千悦子)

「大学生になり、初めての夏休み。1年生は休み明けに提出する課題もたくさんありましたが、多くの自由になる時間があったので、実家に帰省し、幼稚園ボランティアへの参加に精力的に取り組みました。中学校のインターンシップで伺ったA園と、高等学校のインターンシップで伺ったB園、さらに伏見先生に紹介していただいたC園、合わせて3つの園に20回ほど訪問しました。

ボランティアではたくさんのことを学びました。まず、園によって教育方針や環境構成が異なり、各園の良さや違いなどを体験的に知ることができました。子どもたちとの直接的な関わりを通して、発達段階への理解を深め、先生方からは教育者としての苦労ややりがい、必要なスキル等を見聞し、考察を深めることができました。そして何よりも幼児教育者になりたいという思いをより強く持つきっかけにもなりました。

また、その中で自分自身の課題を見つけることができました。大きく分けて3つあります。1つは語彙を増やすことです。2つめは子どもへの指導のしかたを身に付けること、そして3つめは、気になる子どもに対する接し方を学ぶことです。これらを後期学生生活の目標とし、これからも大学の講義やボランティア活動に真剣に取り組んでいきます。

B園のインターンシップ時には年少クラスだった子どもたちが、今や年長と大きく成長して「お兄さん、お姉さん」と頼りになる存在になっていたことは大きな驚きでした。私も人として、そして幼児教育の道に進む者として、一歩一歩着実に成長していきたいです。」

安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄「こころを彫る授業」に参加

 幼児教育コース4年生の信山さんは、卒業研究のための調査研究の一環で安田侃彫刻美術館「心を彫る授業」に参加しました。

 

 この日のためにイタリアから安田侃氏が直接指導されるという大変貴重な場に出会うこともできました。

 

 Aiの時代だからこそ、人として大切にすべきことは何か、そんなことを考える時間になるでしょうという安田侃さんがお話されておられました。

 

(山崎正明)

続きを読む

障がいのある幼児のための支援

 大学教員の仕事は様々なものがあります。たとえば、この「北海道乳幼児療育研究会」では、幼児のための音楽療法を研究している伏見千悦子先生が、ワークショップを担当することを通して、研究の成果を教育現場で活かせるようにします。また、大学教員の研究の成果が大学の講義やゼミにも反映されていきます。ちなみに、この研究会には学生も参加できます。関心のある学生は伏見研究を訪ねてみましょう。

(山崎正明)

続きを読む

活躍する卒業生「子どもたちのかわいさと成長を感じながら」

9/16(日・祝)、札幌市私立幼稚園連合会主催の「就職フェア」が開催されました。

多くのブースで「北翔大学出身の先生が本園で活躍していますよ」とお声がけいただきました。

また、新卒1年目の高木靖子さんと、勤務先である茨戸メリー幼稚園の出展ブースで再会しました。「子ども達に優しくて、とても頑張ってくれていますよ」と園長先生からのお言葉もいただき、嬉しく思いました。

以下、高木靖子さんが仕事についての様子を知らせてくれました。

(伏見千悦子)

 

「毎日6時に起きて7時40分には出勤して、掃除をしたり幼稚園バスに乗ったりします。

2学期は行事が多く、お遊戯会のダンスや衣装を考えたり、お店やさんごっこで何をするのか決めたりしています。また、もう少しで参観日があるため、指導案を書いて製作の準備を進めています。

初めてのことばかりで上手くいかないこともあるのですが、子ども達のかわいさと成長を感じながら過ごしています。」

オープンキャンパス 北翔LABO「子どもの好きな造形表現をたのしもう」

922日のオープンキャンバスの幼児教育コースの北翔LABOは、美術教育が専門の山崎先生による「子どもの好きな造形表現を楽しもう」でした。

幼児の造形表現は、完成度の高い作品を作り上げるのが大切なのではありません。日常生活の中で、美しいもの、優れたもの、心を動かす出来事に出会い、感じる心が育ちます。そして、それらを思わず表現してみたくなり、様々な方法で表現しようとするそのモチベーションやプロセスが大事だと言われています。

 そのことを、これから保育・幼児教育を学ぼうとしている高校生に、4歳児になったつもりで体験してもらいました。「自分たちが年長さんになった時に、新しい年少さんが園に入ってきます。その子たちが思わず笑顔になるように、保育室をお花いっぱいにしよう」というテーマで黒ペンで思い思いの花を描きました。

描いた後は、みんなの描いた花を見合いました。そこで、ちょっと刺激を受けたようです。

 その後、チョークで色を塗り魔法のティッシュでこすると、最初の色を塗った時とは違う様々な色合いの花ができました。驚きと喜びを感じていました。

 できたところでホワイトボードに並べ、保育室にたくさんのお花が咲き乱れました。描いた4歳児役の高校生が笑顔になるということは、園に入園した新入園児もきっと笑顔になることでしょう。

 保育の現場で実際に実践されていることを体験し、ぜひこれから保育者を目指して学んでいってほしいと願う一日でした。

 

  (工藤 ゆかり)

大学の地域連携

 大学が果たす役割の中のひとつに地域への貢献ということがあります。その活性化のために北翔大学には「地域連携センター」があります。その地域連携センターがWEBで発信していますので紹介します。

続きを読む

《学生レポート》幼稚園教育実習を終えて 幼児教育コース 3年 小川 優月

 私は認定こども園あけぼので3週間実習させていただきました。

この実習でたくさんのことを学び、たくさんのことを感じました。

まず、子どもに肯定的な言葉をかけることが大切であるということです。

私は無意識のうちに子どもに「早く片付けないと活動の時間短くなっちゃうよ」などと否定的な言葉をかけてしまっていました。

指導教官に「早く片付けたら楽しいことする時間たくさんできるよ」というように肯定的な言葉をかけたら良いと指導していただき、適切な言葉がけの在り方を学ぶことができました。

そして、部分実習や完全実習をさせていただくことで保育の難しさを感じました。

クラスの子ども全員に対して活動の説明をするときに、子どもの興味を維持したまま説明することができなかったり、予測していないことが起こると焦ってしまって臨機応変に対応できませんでした。

そのことから、活動の説明をする時には短く簡潔に伝えることが大切であるということを学びました。

また、保育者自身が活動の世界観に入り込み子どももその世界観に入り込めるようにして説明をすると子どもが興味を持ったまま説明を聞けるということも学びました。

さらに、事前の準備では、子どもの活動の予測をすることが大事だということを学びました。

指導案を書きながら、様々なことを予測しシュミレーションもしましたが、もっと様々な子どもの行動を予測した方が良かったと感じました。

普段の保育の場面で子どもの行動を見ていたら予測できることはたくさんあるので、子どもをよく観察しあらゆることを予測して指導案を書くと、実際に保育をした時に焦ることはないと思いました。

また、予測していなかったことが起きても瞬時に臨機応変に対応する力が必要だということも学びました。

今回の実習で、上手くできなくて悔しかったことや、反省することがたくさんありました。

しかし先生方がたくさんアドバイスを下さり、良い部分を褒めて下ださったので、アドバイスしていただいたことはこれから改善していけるように、

褒めて頂いた部分は伸ばしていけるようにこれからも頑張っていきたいと思います。

実習をさせていただき保育の大変さや難しさをたくさん感じましたが、保育をすることの楽しさ、子どもと関わることの楽しさを1番に感じることができました。

そして、私も指導して下さった先生方のような保育者になれるよう頑張ろうと強く思いました。

《学生レポート》「3週間の教育実習で学んだこと」  幼児教育コース 3年 舟山 咲季

今回私は、白石幼稚園にて3週間の教育実習をさせていただきました。

この実習を通し、こどもの心に寄り添い、こども達が何を求めているのか、何に困っているのかなど、思いを汲み取ることの大切さを学びました。

年齢によっては言葉で伝えることが難しいため、その状況だけで判断するのではなく、なぜこのようになったのかという子どもの思いを受け止め、導くこと。

けんかをしている場面では、まずはこども達の様子を見守り、思いが行き詰まっていると感じたところで仲裁に入り、お互いの気持ちを代弁し、相手の気持ちを知り、納得できたところで解決に導くこと。

いつでも友達と仲良くすることだけが良いことではなく、けんかをし、友達の思いを知ること、優しさに触れること、痛み、悔しさを知ることも時には必要だと感じました。

そして、毎日少しずつ学んでいき、小さなねらいから大きなねらい・・・と日々の積み重ねで保育はできていると感じました。

こども一人ひとりによって育っている環境、性格、興味や関心は異なり、それぞれに応じた援助が求められます。

その難しさはありますが、何度も子ども達と向き合い、自分の援助がうまくいったときの達成感はとても大きく感じました。

さらに、毎日の出来事を書く日誌は、毎日やるからこそに意味がある、とても大切なことだと思いました。

2年間保育の基礎を学んだ上で実習を迎えたことで、保育の基礎知識だけでなく広い視野を持って実習に取り組むことができました。

優しく指導してくださった園の先生方、何でも相談し合える実習生の仲間と出会い、恵まれた環境で実習できたことへの感謝を忘れずにこれからも頑張っていきたいです。

 

《学生レポート》「保育実習Ⅱを終えて」 幼児教育コース 4年 福舛 友佳子

保育士を取得するための保育実習は3回あります。3年次に保育所2週間と福祉施設2週間、そして

4年次に保育所もしくは福祉施設どちらかに2週間参ります。

今回私は、819日から30日までの10日間、保育実習Ⅱを光星友愛認定こども園にてさせていただきました。

保育実習Ⅰでも同じ園で実習をさせていただいたので1日の流れや0歳児から5歳児までの子どもの大まかな発達の様子は分かっているつもりでしたが、難しく感じる部分もありました。

 今回の実習も全クラスの子どもたちと関わらせていただきました。2月の時は年度末に近かったためクラスの子どもほとんどが誕生日を迎えている状態でしたが、今回は前回より月齢が低い子どもとの関わりであったため、特に月齢によって差が出る0歳児、1歳児との関わりに課題が残る実習となりました。

0歳児、1歳児は言葉が十分に発達していない分、大人が子どもの表情や指さしなどから何を伝えようとしているのか読み取る必要があります。2日間の実習で子どもの性格や日頃の様子を理解して、子どもが伝えようとしていることを読み取るのはとても難しいことですが、出来るだけ思いを読み取ることができるよう保育者と子どもの関わり方を観察しながら実習に取り組みました。

1歳児は簡単な言葉でのやり取りが出来る子どももいました。しかし言葉が伝わっているだろうと思っていたばかりに、子どもの表情や細かな動きにあまり着目できませんでした。保育者からもっと目を見て言葉を丁寧に伝えると良いとアドバイスをいただいて、そこからは1歳児に関わらず、思いを聞き取ったり、伝えたりする時には子どもの目を見ることを特に意識しました。根本的なことだと思っていましたが、目をしっかり見ながら喧嘩の仲裁などをしてみると、今までよりも双方の子どもの思いを理解することができましたし、子どもも私の話を分かってくれたような気がしたので、大切なことなのだと改めて学びました。

 2歳児以上のクラスでの実習では、前回の実習で課題としていた子ども同士の喧嘩や言い合いがあった際の仲裁や対応を自分なりに考えて実践することが出来ました。また、遊びや運動会の練習に参加しない子どもに対してもどう言葉を掛けたら意欲的に参加したくなるかを考えて接しました。様々な方法で子どもと接してみましたが、まずは子どもが何を考えているのか聞き取ったり、自分の考えを伝えられない子どもには思いを代弁したりして、子どもの考えに共感の姿勢を示すと、初めは実習生だからと私と目も合わせてくれなかった子どもも、次第に私の話を聞いてくれたりしたように思います。その上で子どもが意欲的になるような言葉掛けをしたり、提案をしたりをするのは、まだまだうまくいかない面もありましたが子どもの思いを受け止めて、その思いを共感することがなによりも求められることなのだと思いました。

 今回の実習は学生生活最後の実習でしたが、基本的な子どもとの関わり方を改めて学ぶ貴重な体験となりました。

この体験を生かし、残りの学生生活で学びを深めて春から保育士として働けるよう頑張っていきたいです。

 

《学生レポート》「ソニー幼児教育支援プログラム実践提案研究会に参加して」  教育学科 幼児教育コース 2年 上石 紗香

ソニー幼児教育支援プログラム優秀園審査員特別賞を受賞されたもいわ幼稚園での実践提案研究会に参加させていただきました。

もいわ幼稚園では、『自分の力や考えに自信をもち、前向きに行動する子ども』を育むことを目標に保育を進めていました。

まず、先生方全員がこの目標を深く理解して実践している様子が、保育の様々な場面から感じられました。

この共通理解があることで、一人ひとりの子どもに応じた保育をすることができているのではないかと思いました。

また、何事も子どもに決定権を委ねている場面が多くありました。例えば、「なんで?」「どうしたい?」「ふしぎだね!」などという問いかけが多く見られました。

活動の後には子どもがクラスのみんなの前でどのような活動をしたかを発表していました。

このような問いかけや活動を通して、子どもたちは自分で考えて行動したことをを他者に認めてもらい、自信を持てるようになるのだと感じました。

さらに、保育者と子どもの信頼関係が強いと感じました。

子どもがやりたいと思ったことは積極的に取り入れ、全力でサポートしているように見られました。

例えば、外遊びでは水路作りや虫採り、また一見危険に感じられる包丁を使った遊びなど様々な遊びに取り組んでいました。

これらは、保育者が子どもを信頼しているからこそ成り立つものだと思います。

子ども自身も保育者から信頼されているという自信をもち積極的に行動できるようになるのではないかと感じました。

今回の公開保育を通して、もいわ幼稚園の子どもたちの様子は一人ひとりが自由でありながらも、子ども同士の団結力がありとても良い雰囲気でした。

もいわ幼稚園で質の高い保育を見させてもらったことで、保育についてより一層興味を持てる良い機会になりました。

 

*画像についてはレポート作成にあたり、もいわ幼稚園笹山園長先生よりご提供いただきました。ありがとうございます。

《学生レポート》「資質・能力を育てるための保育の在り方について学ぶ」  教育学科 幼児教育コース 2年 小渕 楓

 園児3人と保育者がケーキ作りをして遊んでいました。園児がケーキにホイップクリームを乗せたいと言うのことで、石鹸を削り、泡を立て、しぼり袋に入れてしぼってクリームを作りました。

1人の園児が「先生、これもういい?」と自分の作っている泡を見せました。しぼり袋に入れるのに適しているかどうかを確認するためでした。すると保育者は「良いかどうかは自分で決めて良いよ」と答えていました。

別の園児は明らかに液体に近く、しぼり袋に入れてしまってもきっとポタポタと垂れてしまうであろう泡を持って、「先生これもうしぼりたい」と言うと、保育者は「いいよ」と答え、園児はしぼり袋に泡を入れました。

すると案の定、クリームはポタポタ垂れてしまいました。保育者は園児に「ポタポタ垂れてるからまだ絞れないね」と液体をボウルに戻させました。

これは「豊かな体験を通じて、感じたり、気付いたり、わかったり、できるようになったりする知識及び技能の基礎」を育てる場面であると感じました。

ホイップクリームを作るには、固体に近い弾力性のある泡でなければ、ホイップクリームにはならず、液体に近ければしぼるどころかしぼり袋に入れてもポタポタ垂れてしまうであろうことは、保育者はわかっています。

だからこそ、子どもは答えを求めて保育者に訊ねたのだと思いますが、保育者はあえてそれを答えることなく子ども自身に判断させたのです。

結果、ホイップクリームにはなっていないことを失敗を通して学んでおり、子どもには失敗する経験も必要であるということを再確認しました。

この失敗を通しての学びで、「気付いたことや、できるようになったことなどを使い、考えたり、試したり、工夫したり、表現したりする思考力・判断力・表現力等の基礎」も培われるのではないかと感じました。

成功する体験が全てではなく、失敗して学ぶこともある。分かっている事柄でありましたが、実践することは容易ではないと考えます。

「成功」するも、「失敗」するも、自分で選択するからこそ価値があるのだとこの研修で学びました。

 

*画像についてはレポート作成にあたり、もいわ幼稚園笹山園長先生よりご提供いただきました。ありがとうございます。

新しい幼稚園教育要領について

えべつ ものづくりフェスタ〜北翔大学も貢献

続きを読む

幼児教育コース 3年専門演習(澤田ゼミ)

劇団四季 ミュージカル「リトルマーメイド」を観賞しました。観賞する前から主人公になりきりポーズを決めています。後学期、ゼミでは、音楽劇に取り組みます。(澤田悦子)

北翔大学 教育学科3年生 8月19日より教育実習スタート!

web サイト紹介 北海道福祉人材センター

北海道で福祉の仕事や保育の仕事に就きたい時に、ぜひ見ておきたいサイトの一つです。

続きを読む

《学生レポート》幼稚園教育実習に向けて

 教育実習にむけて準備をしている教育学科幼児教育コース3年生小川優月さんの報告です。

 

「私はずっとなりたかった幼稚園の先生になるために日々勉強に励んでいます。実践的な講義もあるので楽しいし自分のスキルアップになっていると感じています。講義で教わった製作やピアノの練習など家でもできることを見つけて頑張っています。

 そして私にとってとてもいい経験になったのが幼稚園でのアルバイトです。1年生の頃から行かせていただき、実際に先生と子どもの関わりを観察したり、子どもと関わったりしてどういう風に子どもと接したらいいかを学びました。他にも講義やゼミ活動で様々な幼稚園に行き、たくさんの先生や子どもと関わり、自分に吸収したいと思う先生の言動や自分もこうなりたいと思う部分がたくさんあり、理想の先生になれるように今頑張っています。

もう少しで幼稚園実習があります。

少しでも成長できるように、少しでも理想の先生に近づくように頑張りたいです。」

 

 

ゼミ活動中 新聞取材を受けました

本サイトの新聞記事掲載にあたっては、読売新聞社様よりご承諾をいただいています。(山崎正明)

続きを読む

9月22日 北翔大学 オープンキャンパス

幼稚園の先生を目指す学生のための就職フェア

どの幼稚園で働こうかと考えてる学生のためにとてもとてもありがたい存在が「札私幼就職フェア」。今年は76もの園がブース出します。好きなブースに行って、園の先生から直接説明を聞いたり、質問をしたり。

北翔大学の学生も大変お世話になっています。この就職フェアがきっかけに、就職を決める学生が毎年います。それから2年生が参加し教育実習先を決めた例もあります。4年生に限らず、参加をお勧めします。

オープンキャンパス 幼児教育コースの活動紹介

 8/3(土)オープンキャンパスの北翔ラボは、伏見ゼミ生が普段から活動している「障がい児の音楽遊び」の中からスキンシップの遊び、手遊びなど体験し、うた遊びに使う教材 ペープサートも作成しました。思い思いに絵を描いて透明水彩絵の具で塗りました。真夏日が続く中、来学ありがとうございました。

(伏見 千悦子)

 

参加者の皆さんの写真掲載に御了解いただいています。

教育実習を前にして

幼児教育コース3年生の講義「幼稚園教育研究1」では、教育実習を前にして、毎回も模擬授業をおこなっています。

回を重ねるごとに授業の質も、授業についての話し合いの質も高まってきています。

 

 

感性を磨く

 幼児教育コースのゼミ活動では、幼児教育の現場をはじめとして、様々なフィールドに出かけて学びを広げ、深めています。

 ここでは山崎ゼミで行った「石山緑地」「札幌芸術の森」での活動を紹介します。この活動は知識を得るための勉強ではなく、美術文化の面白さや不思議さを実感として味わう楽しい活動になるようにしています。(写真参照)

 なお、石山緑地では幼児たちが楽しそうに遊んでいました。

続きを読む

幼児教育コース 工藤ゼミ〜幼稚園に出向いて学ぶ

712日に、幼児教育コースの工藤ゼミの3年生と2年生の有志で、札幌市立中央幼稚園に伺いました。子ども達と一緒に製作遊び、リレー、踊り、基地づくりなどをして遊びました。

子どもの発達について理解を深めたり、遊びを通して子どもが育つ実践について保育の場面を通して学ぶことが出来ました。

また、お弁当前の一時、345歳児全園児が集まってくれ、2年生は手遊びを子ども達に教えました。

3年生は「忍者の50音」の踊りを披露し、折り紙で製作した手裏剣を飛ばして子ども達にプレゼントしました。現場に出向いて、保育実践力を高めることが出来ました。

 

  工藤 ゆかり

続きを読む

幼児教育コース 劇団四季のミュージカル鑑賞

7月13日(土)今年度の「2年生・芸術鑑賞会」は、劇団四季のミュージカルを鑑賞しました。芸術に触れながら感性を高めることも大切にしています。

講義「キャリアデザイン3」

北翔大学の学生はコミュニケーション能力が高いと言われています。しかし、その評価に甘んじることなく、さらにその能力を高めています。

 写真は就業力養成のために必修でおこなっている「キャリアデザイン3」での講義の様子です。(様々な学科の学生によって構成しています)

 話し合っているのは、講義ではじめてであった学生ですが、とても、そう見えません。このような学生の姿を見て非常に頼もしく思えます。

(山崎正明)

 

幼児教育コース「教育実習激励会」

幼児教育コース「教育実習激励会」では、学生一人一人が、抱負や決意を語ります。真剣で、なおかつ温かい雰囲気でした。

幼児教育コース4年澤田ゼミ活動

 ノースサファリサッポロで野外活動を行い、普段、触れることのできない動物達とふれあうことができました。

 アニマルグランピングでは、自然の中で協力しながら自炊やフレミッシュジャイアント、ハリネズミの世話を体験したキャンプでした。

 

(澤田悦子教授)

講義「保育内容(表現)」

講義「保育内容(表現)」で「造形遊び」に取り組みました。幼児教育の基本である「遊びを通した教育」の典型的な例といっていいでしょう。なお、今回の学習指導要領改定では「造形遊び」がより重視されるようになってきました。講義で取り扱った「紙コップ」や「洗濯バサミ」あるいは「割り箸」を使った「造形遊び」は定番とも言えるものです。

幼児教育コース 宿泊研修

講義「保育内容指導(表現)」

保育内容指導(表現)の講義の様子です。

いろいろな楽器で音づくり、即興演奏を行いました。

使用楽器:前列左からカスタネット、ホールドカホン、

後列左からパーランク、ジャンベ、トゥバーノ、カホン、鉄琴、木琴です。

 

(澤田悦子)

幼児の姿から保育を考える「エピソード記録」について学ぶ

水曜の5講目は、今年から開設した科目。全ての学年が参加する講義なので、グループワークがおもしろくなります。写真は個人ワークの場面。非常に集中しています。こうして個人の部分をしっかり取り組むので、グループワークが高まります。

 

1年生から4年生までが一緒になって「保育カンファレンス」

幼児教育コース1~4年生全員が集まり、「保育カンファレンス」をおこないました。

 

「保育カンファレンス」とは、ある保育の場面を観察し、子どもや保育者の活動から読み取れたことを他者と共有する実践です。

これを通して、同じ場面を多角的に捉える重要性を学ぶことができます。

 

 今回の授業では、入学したばかりの1年生、実習を控えた2・3年生、実習を経験した4年生と、

それぞれの視点から得られた気づきを伝え合い、保育のおもしろさと奥深さを学びました

(長津 詩織)

講義「保育内容(環境)」

「保育内容(環境)」で幼児教育のビデオを見ている学生の皆さんのその「まなざし」がとってもあたたかいのです。このような若者が先生を目指しているということが素敵です。

続きを読む

先生のための図画工作・造形表現のための材料・用具の使い方

 文部科学省が 図画工作で扱う「材料や用具」について、公開しています。このサイトはとっても詳しいのに、とても見やすくわかりやすいです。現場の先生がたが授業を通して得たノウハウがぎっしりと詰まっています。

 内容の充実度からも強くおすすめします。

(山崎正明)

講義 2年生「保育内容(表現)」

2年生の講義「保育内容(表現)」での音楽遊びの場面です。学生のみなさんは、積極的に音楽遊びに取り組んでいます。この時間は内容は伏見先生がニューヨークで学んできたダルクローズ音楽理論をベースにしています。それにしても、学生のみなさんの表情の素晴らしいこと!先生になったときに、音楽を思い切り楽しむ子どもたちがうまれてくるでしょう。

(山崎正明)

これからの教育を動画で知る

 新しい学習指導要領は、どのような特徴があるのか、文部科学省が YOUTUBEで説明しています。教育学科のみなさん、将来先生を目指している高校生に、オススメの内容です。

北翔大学オープンキャンパス3月10日

保育園の合同就職説明会

北翔大学 幼児教育コース2年 導入実習

続きを読む

講義「食生活と健康」

講義「食生活と健康」では、理論の学習だけではなく、こうした実技の研修も実施しています。

地域の文化活動を大切にする

 北翔大学内には「地域連携センター」というものがあります。これは大学と地域の結びついて、地域も大学も相互に活性化していくためのもです。

 

 地域との連携はセンターを通したものばかりではなく、たとえば大学の研究室と直接連携しているものもあります。

 

 このチラシの同時開催に「キミのアトリエ」というものがありますが、これは教育学科の山崎研究室の取り組みになります。

 

 また学生のボランティアでの活動もあります。 

 

北翔大学 保育実習報告会

 19日「保育実習報告会」を行いました。

 

前半は保育所実習・福祉施設実習で学んだことをテーマごとに発表し、後半では実習施設ごとにブース形式で1〜3年生の相談を受けました。

4年生にとっては自らの学びを振り返って後輩に伝える機会になり、1〜3年生はこれから行く実習への具体的なイメージをもつことができました。

(長津詩織)

幼児期の終わりまでに育ってほしい姿を考える

 幼児教育コース4年生の「教職実戦演習」という講義の中で、今回教育要領等で示された「幼児期の終わりまでの育ってほしい姿」をもとに、幼稚園ではどのような教育学をしていくべきかを考えました。左の写真は、グループによる発表を聞いているところです。

 この聞いている感じが、すごく素敵でした。真剣であたたかく優しい眼差しです。4月から先生としてどのような活躍をするのか、とても楽しみです。

 

 (山崎正明)

 

 

続きを読む

2年生〜子どものためのクリスマス会の企画・運営

 2年次科目「こどもの表現あそび」「こどもの言葉あそび」履修学生が、もいわ地区センタークリスマス会の企画・運営をしました。パネルシアターや歌と踊り、ゲーム、ミュージックベル&トーンチャイムの演奏をし、折り紙で作った手袋を地域の子どもたち一人一人に手渡ししてきました。担当を決めて準備していたので、時にはぶつかり合うこともありましたが、子どもたちのために心を一つにしてそれぞれが持てる力を発揮しました。以下は学生の感想です。

(伏見 千悦子)

《学生レポート》

 

中田百香さん

 

 前日までは、楽器の演奏がうまくいくか、子どもたちと交流できるか不安もありましたが、当日は気持ちを落ち着けて音をよく聴くことを意識したり、自分から子どもに声をかけて一緒に楽しむことを心がけました。特に印象に残ったのは2歳くらいの女児が、最初は緊張して言葉も発しなかったけれど、手を繋いで過ごすうちに笑顔も増えて、楽しんでくれていたことです。これからはボランティアなどに参加して、子どもを引きつける技術を身につけたいです。

続きを読む

幼稚園教育実習報告会

 3年生の「幼稚園教育実習」の報告会を開催しました。前半は、教育実習の成果や課題、後輩へのアドバイス等、それぞれ自由な方法で発表しました。後半は、2年生のグループに3年生が入り、質疑を受けました。

 一言で言うなら非常に密度の濃い充実した90分でした。3年生の「伝えたい」と2年生の「知りたい」が響き合ったような時間でした。素晴らしい報告会は拍手で終わりました。

 そして改めて教育実習でお世話になった幼稚園の先生や子どもたちにあらためて感謝させていただきます。

(山崎正明)

 

理想の幼稚園を考える

 幼稚園教育実習を終えた3年生が、これまで大学で学んできた理論と教育実習などを通して実感として学びとったことなどをもとに「理想の幼稚園」を考えるというワークに取り組んでいます。

 教育実習を終えているだけに話し合いも幼児の姿を思う浮かべてのため、リアルです。

 理想の幼稚園をつくるにあたって、園の教育方針を決めるところからはじまりました。さすがです。

 

 大学生が幼児教育の理想を語り合う、そんな北翔大学 教育学科 幼児教育コースのスタートです。

北翔大学 幼児教育コース 宿泊研修(3) 

続きを読む

北翔大学 幼児教育コース 宿泊研修(2) 

 今回の研修では「造形遊び」を実施しました。想定は5歳児。「造形遊び」は「並べる」活動でもあります。幼児の自由遊びの中で自然に行われることもありますが、今回は、先生が園庭の片隅にさりげなく落葉を並べておいて、遊びを誘うようなことを想定しています。こうした活動を通して自然の美しさに気がつくようになっていきます。

続きを読む

北翔大学 幼児教育コース 宿泊研修(1) 

 北翔大学幼児教育コースでは1、2年生合同の宿泊研修を10月13日〜14日にネイパル砂川〜アルテピアッツア美唄で開催しました。初日は、野外炊飯や研修を行いました。

北海道乳幼児療育研究会のご案内

保育内容(言葉)を担当してくださっている非常勤講師の熊田広樹先生より、北海道乳幼児療育研究会のご案内をいただきました。興味のある学生は是非参加してください。貴重な学びの機会になりますよ。(伏見 千悦子)

続きを読む

同窓っていいですね!

 下の写真は、幼稚園の就職フェアでの一コマ。北翔大学の卒業生が幼稚園教諭として学生に園の説明をしているところです。現役学生としては、こうした場での出会いはとても心強いですね。卒業生の活躍は現役学生にとっても励みになります。

4年生の卒業研究

「あなたは大学で何を学びましたか?」と問われたときに、その真っ先に来るもののひとつに「卒業研究」があります。いま4年生は様々な形で卒業研究に取り組んでいます。

 例えば幼児教育コースの造形教育系のゼミではそれぞれが独自の研究に取り組みながら連携し合いながら研究をすすめています。

そのために、実際に教育現場(第2大麻こども園にはたいへん感謝しています。)に出向きながら研究をすすめています。

 

(山崎正明)

 

*本サイトでの写真掲載については第2大麻幼稚園から掲載許可を得ています。

続きを読む

「保育室を飾る」を想定した活動

 幼児教育コース3年工藤ゼミでは、「保育室に飾るお花」をテーマに、空き瓶にビーズやスパンコール等を付けて花瓶を作り、お花を生けました。

 花瓶を瓶にするかペットボトルにするか考え、「45歳児であれば瓶にして、倒さないようにきれいなお花を眺めようと指導する」

12歳児であれば、安全を考えてペットボトルにする」など、年齢・発達に応じた花瓶の選び方について意見を交流しました。

 お花のテーマは、「秋」「流れ星」「出会い」など自分の表現したいテーマに応じたお花を選び、生けてみました。

 子どもの豊かな感性を育てるための環境の構成ができる保育者になるための学びとなりました。

働く意味を深く考える

 9月30日 札幌で 札幌私立幼稚園協会主催の「ミライのトビラ 幼稚園教育フェア」が開催されました。

 北翔大学の学生は4年生はもちろん、1年生、2年生も来ていました。

 

 4年生にとっては就職を決めることにもつながる大事な場。そして1年生、2年生にとっては 幼稚園の先生から直接お話を伺える貴重な場。

 

 これをきっかけに、幼稚園を見学させて頂くお話を決めてきた1年生、2年生もいます。

 

 素晴らしいことだと思います。それは働く意味をより深く考えることにもなるでしょう。それはまた自分の生き方を考えることにもなります。

 

 ちなみに左の写真は、2年生が幼稚園の先生のお話を伺っている場面です。

 

(山崎正明)

 

続きを読む

講義「教職実践演習」

 これから、いよいよ幼児教育に携わることになる卒業前の講義「教職実践演習」を紹介します。 

 第1回目は、幼児教育のよさや大切さ、魅力をあらためて味わうために、ある幼稚園教育の1年を描いた記録「あそんでぼくらは人間になる」をみんなで視聴しました。

 

 その映像を見る4年生のまなざしから、優しさや真剣さを感じました。そのあとのグループでの話し合いも、自然な感じでいきいきと話していました。さすがだと思いました。

続きを読む

《学生Report》「教育実習を終えて」

 

幼児教育コース 3年 柏野 唯花

 (出身高校:札幌山の手高等学校)

 

 

 8月20日から9月11日の3週間、そうせい幼稚園にて教育実習をさせていただきました。初めての実習ということで、
事前にエプロンシアター、手袋シアター、自己紹介のパネルシアターなどを製作し、実習に備えました。
 最初の1週間目は、園の一日の流れや一人一人の子どもの実態を把握するのに必死でした。そのような中で、手遊びの部分実習をさせていただきました。手遊びの中にクラスの子どもたちの名前を呼ぶことを取り入れ、みんなの名前を呼ぶように繰り返し行ったことで、子どもたちが楽しめるということを体験できました。
 2週間目には、部分実習をさせていただきました。自分が計画した遊びと子どもたちが行いたい遊びが違う場面があり、
戸惑いながらも子ども達のやりたいことを行うことにしました。子どもが興味・関心を持った遊びに主体的に取り組めるように保育者は臨機応変に対応するべきであることを学びました。
 また、製作遊びでは作業手順を最初に全て説明すべきなのか、区切りながら進行すべきか迷いましたが、細かく区切りながら進行することで子どもたちが安心して製作することが出来ました。さらに、製作にかかる時間に個人差があり、早く終わった子どもへの対応を考えておく必要性を感じました。
 3週間目には、完全実習で「フルーツバスケット」を行いました。ペープサートで果物クイズを行い、その後自分で
好きな果物を選びワッペンを作るところから始めました。「フルーツバスケット」のゲームは同じようなルールのゲームを
以前に行ったことがあったとのことで、鬼役になりたい子どもが多く、スムーズに遊びが進行しませんでした。過去の経験を把握し、ゲームの要素を難しくするなどの工夫をすべきであったと反省しました。
 この実習を通して、多くのことを学ばせていただき、保育者になりたい思いが強くなりました。また、自分の課題も確認できました。
 残りの学生生活で保育者を目指して学びを重ねていきたいと思います。

北翔大学教育学科ニュースレター4号

北翔大学には学習サポート教室があります

 学ぶ意欲はあるのだけれど、ついていけるかどうか、心配。あるいは、こんなところをもっと伸ばしたい。そのような学生の皆さんのニーズに応えるための専門の教員が待っています。

《学習サポート教室》とは: 文章作成の際の日本語表現をはじめとして数学やSPI対策など、学生の皆さんの日頃の学習の悩みや質問に担当教員がアドバイスします。

続きを読む

札幌の私立幼稚園を知る絶好の場

 北翔大学 幼児教育コースでは この就職フェアに行ったことがきっかけで、実際に就職先を決めるている学生が毎年います。もちろん、この場で決めるのではなく、ここでお話をすすめて、実際に園に見学に行って決めています。4年生以外の学生もおおいにおすすめします。

北翔大学は 卒業後も応援します

北翔大学 教育学科 ニュースレター3号

初等教育 幼児教育 劇団四季の Sond of Music 鑑賞

 初等教育コース 幼児教育コースの2年生が 講義で 劇団四季のSound of Musicを鑑賞してきました。

 

 先生を目指す人たちにとって、本物のよさに触れ、心動かす体験や、質の高い文化に触れておくことは、将来かかわる子供達のためにも、とても大切な体験だと考えての企画です。

 

教育学科 芸術学科 地域連携センターで 北海道150年 子ども未来・夢キャンパスに参加

 本道が「北海道」と命名されてから150年目となる2018年.この節目に「北海道150年事業」が全道各地で展開されています。北翔大学もその取り組みにエントリーし、その結果が「キミの好きな北海道は?〜絵はがき展」の企画です。

このための作品募集に関する専用サイトも開設しています。

 

北翔大学北方圏学術情報センター美術グループと美術による学び研究会主催の研究会

 北翔大学が持っている北方圏学術センターには、北翔大学を中心とした研究グループがあります。その中の美術研究グループが、美術教育の中でも注目されている「美術による学び研究会」とともに8月2日3日に研究会を開催します。

 大学生は参加無料とします。なお、研究内容ですが、未来を考えるうえでAI抜きには語れません。このように非常に重要なテーマにとりあげました。教育という仕事の尊さを実感できる研究会になると考えています。

(山崎正明)

大学に子どもを招いて「音楽遊び」

 土曜午前中に澤田ゼミ、伏見ゼミ生が中心になり、音楽あそびを行っています。ボランティアをしてみたい2年生複数名の参加もあり、賑やかなひとときになりました。先輩のパネルシアターやピアノ伴奏、活動の進行の仕方などから学びながら、子どもとどのように関わるのか悩み考える機会になったようです。

 

(伏見千悦子)

保育園で「キミのアトリエ」

 北翔大学幼児教育コース山崎ゼミが取り組んでいる「キミのアトリエ」今度は大学から、直接保育園に出かけてきました。

 行った先は 勤医協ポプラ保育園の2歳児クラスです。

はじめての絵の具体験ということで、絵の具遊びをしました。

 

 今回は、絵の具で何か描くということではなく、絵の具を遊ぶことを通して、その感触や行為を楽しむことがねらいです。(2歳児という年齢では自分で意図を持って表現するという活動にはなりません。ですから「絵を描く」ではなく「絵の具する」ということです。)こうした活動の経験が2歳児の世界を広げていきます。3歳児では、筆やローラーを使った遊びへと発展させていくことができます。

 なお、使用する絵の具として、絵の具遊びをする上で、安全性の高く、かつ水加減もあまりせずにすぐ使えるものを選びました。「ぺんてる指えのぐ」を用意しました。

 

(写真掲載の許可は得ています)

 

 

オープンキャンパス 体験授業

 高校生のみなさん、オープンキャンパスの幼児教育コース「体験授業」に、多数参加いただきありがとうございました。

 大学生による「教育実習」のお話をさせていただきましたが、その中で「幼児教育で大切にすべきこと」などについて知っていただくことを意図していました。

 参加された高校生のみなさんの感想をあとでみんなで読ませていただきました。深いところまで学び取っておられることに、大学生も確かな手応えを感じていました。次のオープンキャンパスは8月4日5日です。ぜひ、またいらしてください。

(画像掲載については、参加された高校生のみなさんの了解を得ています。ありがとうございます。)

続きを読む

頑張る卒業生たち〜幼稚園の現場から

 北翔大学の卒業生2名が、同じ幼稚園に勤務しています。3年前に卒業した佐々木さんと今年卒業した鳥潟さんです。北広島市にある大地太陽幼稚園です。その「おやこ造形ひろば」という行事を参観してきました。その姿を見て、さすが、プロになると顔つきも違うと感じました。園長先生や先生方からも 二人が一生懸命にやっていると話してくださいました。とても、嬉しい参観でした。そして何より、子供達の主体的で喜びにあふれる姿は素晴らしいものでした。かけがえのない大切な大切な幼児期の教育にかかわることはなんとやりがいのある仕事でしょう!

(山崎正明)

 

*写真の掲載については大地太陽幼稚園園長先生の了解を得ています。なお、このサイトでは、扱う写真はすべて了解を得ています。

続きを読む

子どもと触れ合いながら学ぶ

 幼児教育コースの3年生が、授業の一環で第2大麻こども園で保育参観させていただきました。

 

 朝の自由遊びと集まりの様子を見学したあと、散歩に行ったり、公園で自由遊びをしたりなど、体を動かして子どもたちと思いきり遊んできました。

 

 開始前と終了後には園長先生から保育方針や子どもたちに対するまなざしについてお話しいただき、

理論と実践の両面で今後の実習等に役立つ貴重な学びの機会となりました。

 

 第2大麻こども園の子どもたちと先生方、ありがとうございました!

 

(長津詩織)

 

(写真掲載については、大麻第2こども園様より了解を得ています。)

 

 

幼児教育コース「卒業研究中間報告会」

  6月13日 幼児教育コース4年生で「卒業研究中間報告会」を開催しました。

  本発表は来年1月30日(水)ですが、それに向けて、それれがどのような研究に取り組んでいるのかを報告しあう会です。

 一人一人の研究に対する誠実な姿勢が伝わってきました。卒業研究が大学での学びの集大成になります。

 この研究の成果が、「幼児の幸せ」につながっていくに違いありません。

 (山崎正明)

 

卒業研究 

 「卒業研究」は、それぞれのコースで特色があります。これは、「幼児教育コース」の卒業研究の例です。

 このゼミでは「幼児の造形活動での学び」に注目しながら、学生個々で、それぞれの保育の方法について研究することにしました。

 そこで各種文献で、基礎的な研究を深めつつ、よりよい保育を行うために具体的にどうするか、を考え、実際の保育現場に出向いて実践的に検証しています。第二大麻こども園での設定保育を実践することにしました。写真は第一回目の様子です。

 

 なお、こうした研究についてご理解いただき、応援いただいている大麻第二こども園さんに大変感謝しています。

 

(写真掲載については、第二大麻子ども園様より了解を得ています)

北翔大学の学生はコミュニケーション能力が高い

「北翔大学の学生はコミュニケーション能力が高い」と評価されることが、多いです。

 その背景としてあるのが、北翔大学が学部、学科の枠を超えて「キャリアデザイン」という講義を必修としていることもあるでしょう。

 写真のような話し合いやグループワークですが、初対面の相手でも、笑顔で取り組んでいます。本当に素晴らしいです。

 

 写真一枚、一枚をご覧ください。一人一人の学生が自分なりのスタンスで、グループワークに主体的に参加しているのが感じられることでしょう。

 

 なお、この「キャリアデザイン」の講義では、他学部、他学科の学生と知り合えることも大きな魅力です。

 

 

感性を磨く

 北翔大学ではゼミでフィールドにでかけることもあります。ゼミによってそれは様々です。博物館であったり、美術館であったり、自然の中であったり、写真はゼミで行った「モエレ沼公園」です。若いうちによいものに触れ感性を磨くこともまた大事なことの一つです。

 

2018北翔大学オープンキャンパス

幼児教育とエプロンシアター

 幼児教育コース3年の工藤ゼミでは、軽くてどこへでも持ち運べ、いろいろな仕掛けがあって子どもたちもワクワクしながら見ることのできる「エプロンシアター」を作成することになりました。今日は、その材料であるキルティングの布、パーツを作るフェルトなどを購入に行きました。

 自分の選んだお話の場面を思い浮かべながら、必要な物を購入しました。布のもつあたたか味を生かしながら、子ども達の感性を育てるエプロンシアターをめざします。

  (文責:工藤 ゆかり)

中学生が北翔大学で体験授業

 砂川中学校の生徒のみなさんが北翔大学に体験授業にやってきてくれました!

 それぞれの学科にわかれての体験です。教育学科では山崎・伏見とゼミの学生で担当しました。

 

 砂川中学校の生徒さんたちは、誠実で前向きに講義に臨んでくれました。

 中学生のお礼の言葉のあと、大学生を代表して鐙谷くんから「今、できることを一生懸命頑張ってください。」という主旨のお話をしましたが、その話を聞く生徒さんたちの表情がとても真剣で、素敵でした。

(写真の掲載については、個人が特定できないことを条件に 砂川中学校の先生より許可をいただいています。本当は一人一人の表情が素敵でそれを紹介したいほどでした!)

 

続きを読む

講義「幼稚園教育研究Ⅰ」

 幼児教育コース3年生「幼稚園教育研究1」で、模擬保育を行いながら実践力を高めていきます。学生のみなさんは、模擬保育を行うために、様々な準備をします。たくさん悩みますが、そのぶん確実に力をつけてきています。

専門性を高めるゼミ

 北翔大学では3年生以降、ゼミに所属し、専門性を高めていきます。例えば山崎ゼミでは「造形美術と幼児教育」というように。ですからそのゼミによって、学ぶ内容が違ってきます。そこが魅力です。

 この写真は、ゼミで造形美術のよさや面白さを実感するために行った「石山緑地」の一場面です。写っている人間のお大きさを見ると、そのスケールがわかると思います

これは、ビデオや写真では体感できないことです。柔らかな日差しや、鳥のさえずり、地面を歩く感触、様々な光、などいろいろな要素が一体となって人の心を動かします。大学生の時に、よいもに触れることの意味は大きいです。

 「ここに子供達を連れてきたら…」と、考えたりするとまた違って見え方がしてきます。なお、「石山緑地」はおまけで、本命は「札幌芸術の森」です。この写真も紹介します。(山崎正明)

 

続きを読む

1,2年生 合同ミーティング

 

 北翔大学では、34年生になるとゼミ活動がありますが、12年生はGTの先生がいて、同じGTの仲間と助け合いながら学生生活を送っています。

今日は、工藤GT12年生合同で、試験やレポートのこと、一人暮らしの食事のこと、アルバイトやボランティアのことなどについて話しながら、交流しました。

楽しい一時でした。文責 工藤ゆかり

卒業研究に向けて

 山崎ゼミでは、4年生の「卒業研究」の題目や方法が正式に決まりました。

 手に持っているのは、大学に届け出る「卒業研究題目・種別決定届です。自分のやることが明確になり、思わず、笑顔になっています。

 この卒業研究は、4年制大学の醍醐味です。難しいからこそやる価値があります。

GT・ゼミでの合同交流会

 大学では学級はありませんが、1、2年生では ガイダンスティーチャー(GT) 、 3、4年生ではゼミ(専門性を高める)という制度があります。写真は幼児教育コースの澤田悦子先生の GT学生とゼミ生の合同交流会の様子。交流会は4年生が企画してくれました。

卒業生から学ぶ

 卒業生が大学にやってきてくれました。今回は保育現場の話をゼミ生に話してくれました。現役学生にとっては、大変勉強になりますので、ありがたいことです。

 

先生をめざす

 講義「保育内容(環境)」の講義での一コマを紹介します。

 

 倉橋惣三氏の言葉と小西貴士氏の写真で構成した「小さな太陽」(フレーベル館)という本を見せました。

 

 そのときの学生の反応に感心してしまいました。

 

 子供の写真を見る一人一人のその眼差しが、とてもあたたかいのです。しかも全員です。一人残らず。

 

 さすが、先生や保育士を目指す若者が集まってきた大学だと思いました。

 

 よい教育をするために、たくさん学び、力をつけなくてはなりません。しかし、その根っこに子供へのあたたかな眼差しをもっているとうことは とてもとても大切なことだと思います。

 

 北翔大学の学生を誇りに思える一場面でした。

 

 (山崎正明)

 

 

「保育実習指導(Ⅱ)・(Ⅲ)」

 幼児教育コース4年「保育実習指導(Ⅱ)・(Ⅲ)」では、2〜3月に行われた保育所・福祉施設実習の振り返りをしています。

 この日の授業ではグループワークを通して、実習日誌や指導案の書き方、喧嘩への対応、異年齢保育の行い方など、実習中に感じた課題を共有しました。

8月に再び行われる保育所・福祉施設実習に向けて、今後もグループで解決策を考えていきます。(長津詩織)

 

 実習の振り返りをして、上手くいかなかった・辛かった気持ちをクリアにして、学びが不十分なところは補って、次の実習へ、そして保育者の道を選択して欲しいと願っています。(工藤ゆかり)

 

幼児教育コースミーティング

 教育学科の宿泊研修ですが、今年は1年生と2年生の合同の形で実施します。

 

 そのために2年生のミーティングを実施しました。

 

 

 

教育月刊誌「初等教育資料」

 大学の図書館の雑誌コーナーにある月刊誌「初等教育資料」(東洋館出版)は、小学校や幼稚園の先生を目指す人のためにおすすめ一冊です。

 

 文部科学省教育課程課と幼児教育課が刊行している教育月刊誌です。

 

 毎月いろいろなテーマで特集が組まれています。教育の最新の動向もわかりますが、教育現場でどのような授業をしているのかも、わかりやすく紹介されています。

 

 まだ読んだことのない人は、図書館に行ってみるとよいでしょう。

 

 目次やタイトルを見ているだけでも、何が大切にされているのか 少し見えてきたります。

 

 

(山崎正明)

基礎教育セミナー 学長講話

 大学で学んでいくうえで、その基礎となる力をつけていくのが「基礎教育セミナー」です。北翔大学として、大事にしている科目なので、たくさんの先生の協力によって講義をつくっています。

 写真は学長の講義「学長講話」です。山谷学長は、プレゼンをしながら、学生との対話を大切にして講義をすすめています。

 学生が講義に望む姿勢も立派です。学生の表情から熱心に話を聴いていることがわかります。教員採用試験が北海道私学ナンバーワンですが、こうした学生の意欲があってのことです。

 

 また、自分が大切だと思うことをノートしています。その内容も、まとめ方も、書くタイミングも一人一人違います。しかし共通しているのはやまや学長の講話から学び取ろうとする姿勢です。

 

 北翔大学の学生はコミュニケーションの力が高く、挨拶がいいと言われていますが、実は、「聞く」力の高いといえます。

 

(山崎正明)

 

続きを読む

「先生、あのね、」

 ここは野幌森林公園の周辺。この道を真っ直ぐ10分ほどあるくと、左手に北翔大学。自然豊かな環境にある大学である。

 先生をめざす学生にとってこの環境は豊かな学びを提供してくれる。

 

 幼稚園児や小学生も通園、通学の道で、きっと春の気配を感じている子もいるだろう。

 朝、教室に入ってくるなり「先生、あのね、」って言いながら、見つけた春のことをうれしそうに話しかけてくるかもしれない。春の訪れの喜びを分かち合うそんな会話を通して、ますます子供は発見をする喜びを実感するかもしれない。

 

「先生、あのね」って言いたくなるのは、自分が話したことを先生が心から聞いてくれるから。その結果、教室にカエルの卵やら野の草などが増えるかもしれない。そこから得られる学びの価値は計り知れない。子供の発見に共感できる先生の感性を磨きたい。

 先生をめざす皆さん自身が自然のよさや面白さを感じ取る感性を磨いておくと子供との関わりもよる豊かになっていくことでしょう。

 

 下に、子供の視点を想定して、周囲を撮影してみました。

 

(山崎正明)

続きを読む

幼稚園教育要領解説 学習指導要領解説  PDF

「幼稚園教育要領」の内容をくわしく解説した「幼稚園教育要領解説」が文部科学省から刊行されています。

小学校・中学校の「学習指導料要領」も、同じく刊行されています。

 

 なお、これらは、こうした紙媒体の他、文部科学省より PDFで公開されています。(257ページ)

 

 以下からダウンロードできます。

 

 幼稚園教育要領解説 (文部科学省)

講義「保育内容(表現)」

 講義「保育内容(表現)」は2年生の科目です。1回目の講義から、学生のみなさんは積極的にリズム遊びにかかわっていました。こうした積極性が北翔大学の学生のよさと言われています。

 

 さて、伏見先生の講義では、学生が、笑顔、笑顔、笑顔で楽しくやっています。実はこの講義は確かな理論と実践の上になりたっています。

 

 伏見先生は、若い頃、ニューヨークで最新のことを学んできており、そのことが講義の中に生かされています。大学生のみなさんも貪欲に学びながら、その中から学ぶ面白さを実感できたらいいなと思います、

 

 講義の最後の振り返りの中で、このリズム遊びの持つ、良さや可能性について、学生のみなさんが実感を通し、その本質をとらえた発言をしていました。さすがです。

 

 みなさんが先生になったとき、この講義で学んだことを、幼稚園や保育園、あるいは小学校(特に低学年)で、実施されるならば、音楽を通して、温かなクラスができていくにちがいありまあせん。

 

(山崎正明)

 

続きを読む

講義「保育原理」

「今週月曜日から1年生の授業が始まりました」

本日、「保育原理」の初回の授業でした。「保育原理」の科目では何を学ぶのか確認した後、幼稚園の先生と5歳児になったつもりで、「やおやのお店」の歌遊びに取り組みました。

 子ども役を体験して子どもの気持ちを理解したり、先生役をやってみて保育者の役割を意識したりすることにつながりました。

 

文責 工藤 ゆかり

遊びを通して学ぶ

 幼児教育は「遊びを通して学ぶ」と言われています。

 このことについては、大学の講義でも学びますし、幼稚園教育要領にも示されています。

 

 「遊びを通して学ぶ」ということについて非常にわかりやすく紹介してくれているサイトがあります。強く、おすすめします。

 

 

 NHKエデュケーショナル

 

(山崎正明)

幼児教育コース 専門演習 この1年でやりたいこと

 3年生になると専門演習という保育者としての専門性を高める科目があります。

工藤ゼミでは、本日第1回目の専門演習でどのようなことに取り組みたいか話し合いました。

「大型絵本を作りたい」「エプロンシアターを作りたい」「園外保育の演習をしたい」「秋には焼き芋をやりたい」

「雪遊びの体験をしたい」など、たくさんのやってみたいことが出されました。

お昼には4年生も参加し、みんなで会食しながら4年生にアドバイスをもらい、今年1年間の計画を立てました。

文責 工藤ゆかり

幼児教育コース 専門演習

 教育学科では3年生から専門演習(ゼミ活動)がはじまります。ゼミの活動を通して専門性を高めていきます。

 

 写真は、卒業研究のゼミ活動が始まり、文献研究や、教材など意見交換をしている澤田ゼミの様子です。

講義「音楽実習 Ⅰ 」

幼児教育コース1年「音楽実習Ⅰ」の初めての講義でした。前期は、鍵盤楽器の基礎を学びます。


音楽実習Ⅰ担当 澤田

施設実習での学び

 3月、幼児教育コースの3年生は施設実習がありました。

 障害者支援施設「ハローENJOY」の「夢模様」で施設実習中の学生と利用者さんを紹介します。いつも実習生を温かくご指導いただいている施設なのですが、施設職員としての仕事の魅力を実感し、視野を広げることのできた10日間だったようです。以下は実習生のコメントです。

 

〈クッキーの生地を切る作業やクッキーの袋詰めや値札貼りをしました。食品を扱う場所なので徹底して衛生管理をしている事を学びました。初めはどう接していいか戸惑うこともありましたが一緒に作業をこなすにつれ会話も生まれ、利用者さんと仲良くなることができ毎日が楽しいです。〉

 

(伏見千悦子)

*利用者さんの掲載許可をいただいています。