このサイトは、北翔大学 教育学科の「学生の今」を伝えるサイトです。

各コースの報告は、それぞれのコースの特徴に応じて、時期によって、更新頻度が違います。ご了承ください。

 なお、北翔大学教育学科を体系的に詳しく知るためには「北翔大学」をごらんください。

web サイト紹介 北海道福祉人材センター

北海道で福祉の仕事や保育の仕事に就きたい時に、ぜひ見ておきたいサイトの一つです。

中学校学習指導要領 音楽科の改訂のポイント 新学習指導要領編

独立行政法人教職員支援機構では 先生方の研修資料として オンライン講座を展開しています。ここでは、音楽コースの学生の皆さんの参考資料として紹介します。関連資料もダウンロードできます。

道徳の授業動画webで配信中

文部科学省が道徳の授業の動画を公開しています。さらに多数の実践事例がPDFで紹介されています。学生の皆さんにとっても大いに参考になるでしょう。

 

 

《学生レポート》幼稚園教育実習に向けて

 教育実習にむけて準備をしている教育学科幼児教育コース3年生小川優月さんの報告です。

 

「私はずっとなりたかった幼稚園の先生になるために日々勉強に励んでいます。実践的な講義もあるので楽しいし自分のスキルアップになっていると感じています。講義で教わった製作やピアノの練習など家でもできることを見つけて頑張っています。

 そして私にとってとてもいい経験になったのが幼稚園でのアルバイトです。1年生の頃から行かせていただき、実際に先生と子どもの関わりを観察したり、子どもと関わったりしてどういう風に子どもと接したらいいかを学びました。他にも講義やゼミ活動で様々な幼稚園に行き、たくさんの先生や子どもと関わり、自分に吸収したいと思う先生の言動や自分もこうなりたいと思う部分がたくさんあり、理想の先生になれるように今頑張っています。

もう少しで幼稚園実習があります。

少しでも成長できるように、少しでも理想の先生に近づくように頑張りたいです。」

 

 

江別市適応指導教室でボランティア

 江別市適応指導教室「すぽっとケア」の夏休み学習会へ、ゼミ学生7名が学生ボランティアとして、伺いました。
江別市教育委員会から、うれしい言葉をいただきました。「通級生徒たちは、寄り添い支援する学生たちによって、学習へ集中するとともに明るい表情を引き出されていた」、また、「溌溂とした学生の姿からは大学という未知の世界へ関心を持ち始めた生徒」もいらっしゃるとのことです。
ゼミ学生にとっても、生徒さんたちとの交流は、教育について改めて考える機会となり、学びにつながった様子です。
現在、参加した4年生は卒業研究にいそしみ、3年生は8月19日から始まる教育実習に向けて準備をしているところです。写真はご担当の江別市教育委員会専任指導員の川村佳広先生に本学にお越しいただき、ボランティアについて説明を受けている様子です。
                              (文責 小杉直美)

ゼミ活動中 新聞取材を受けました

本サイトの新聞記事掲載にあたっては、読売新聞社の片岡正人さんよりご了解をいただいています。(山崎正明)

初等教育コース 小杉ゼミ

ゼミでは、豊かな感性と幅広い教養の醸成を目的として、6月から7月にかけて、
ミュージカル鑑賞「リトルマーメイド(劇団四季)」、歌川広重展(於 北海道立文学館)、東山魁夷展(於 北海道立近代美術館)に出かけました。(小杉ゼミ)

9月22日 北翔大学 オープンキャンパス

幼稚園の先生を目指す学生のための就職フェア

どの幼稚園で働こうかと考えてる学生のためにとてもとてもありがたい存在が「札私幼就職フェア」。今年は76もの園がブース出します。好きなブースに行って、園の先生から直接説明を聞いたり、質問をしたり。

北翔大学の学生も大変お世話になっています。この就職フェアがきっかけに、就職を決める学生が毎年います。それから2年生が参加し教育実習先を決めた例もあります。4年生に限らず、参加をお勧めします。

北翔大学の卒業生のための研修会

養護教育コース 今野ゼミ

養護教諭コースの今野(いまの)ゼミでは、小樽に出かけてオルゴール作りの体験をしてきました。

野幌森林公園自然ふれあい交流館

 これは野幌森林公園自然ふれあい交流館の職員の方が作ったものです。

自然の中でこのようなものはよく見かけますが、他と決定的に違うのは、職員の手作りによるものだということです。自分たちで撮りためた写真を、毎年更新しています。

 このようなものを作り続けている職員の方々の思いを想像すると、感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

 大学の講義で職員の皆さんにはお世話になっています。こうした素晴らしい自然環境と充実した施設、それを運営する素敵な職員の方々、将来先生は目指す方々に、ぜひ訪れて欲しい場所の1つです、

 

(山崎正明)

北翔大学主催 市民講座

大学が社会貢献をするということもまた大切な役割です。例えば、北陽大学札幌円山キャンパスでは、連続市民講座を開始足ます。

オープンキャンパス 幼児教育コースの活動紹介

 8/3(土)オープンキャンパスの北翔ラボは、伏見ゼミ生が普段から活動している「障がい児の音楽遊び」の中からスキンシップの遊び、手遊びなど体験し、うた遊びに使う教材 ペープサートも作成しました。思い思いに絵を描いて透明水彩絵の具で塗りました。真夏日が続く中、来学ありがとうございました。

(伏見 千悦子)

 

参加者の皆さんの写真掲載に御了解いただいています。

北翔大学 札幌円山キャンパスで「子どもと美術の時間展」開催中

北翔大学 教員採用候補者選考 第1次選考検査合格者

北翔大学の教員採用試験の1次の合格者数をおしらせします。121名が合格しました!のなお、既卒者の合格者については、今後大学への報告が増えれば、合格者数も増えます。あくまでもこの数値は2019年7月31日現在のものです。

多くの学生が採用されますように!

 北翔大学あげての教採二次対策も今日で最終日です。

 恒例の長尾教職センター長による「檄」で

最後の面接指導に臨みました。

 

多くの学生が合格(採用)されることを願います。

 

 

(二宮 孝行)

北翔大学 教員採用試験対策講座

 北翔大学の教員採用試験対策講座は手厚いということで評価されていますが、それは技にも及びます。

この講座を通したことは、教員になったときに生きて働く力となります。

 

教員採用試験「みんなで合格します!」

 この写真は、4年生が使っている研究室の一コーナー。毎日のようにここに来て勉強しています。

 さて、この部屋で学生の皆さんと話しているうちに出て来た言葉。

「みんなで合格します!」

北翔大学の教育学科の学生たちはあたたかい雰囲気の中で仲間を大切にしながら、高め合っています。

 素晴らしいことだと思います。このようなハートを持った先生いいですね。

 

(山崎正明)

北翔大学 教員採用試験 2次対策

 この面接の練習の後、休み時間に学生が質問していました。質問は採用試験対策講座の内容ですが、それは、これからの教育のあり方や教師としての学び方に関連するものでもありました。対策講座は面接を通して、教育について改めて広く、深く考える時間でもあります。

北翔大学 第1期 AO入試エントリー受付 8月1日〜30日

北翔大学の横山先生 ブラタモリで案内人

北翔大学の横山光准教授がNHKの「ブラタモリ〜洞爺湖」で案内人をつとめました。北翔大学としてもとても嬉しいことです。

(山崎正明)

北翔大学大学院 生涯学習学専攻 志願者説明会

北翔大学 教員採用試験対策講座

二次対策の面接指導、個人面接を想定して行っています。先生方も学生も真剣です。

教員採用試験対策講座 英語リスニング

日曜日、午後4時に「英語 リスニング」についての対策講座が終わりました。

彼らは その後、それぞれ、図書館に行って勉強したり、ピアノの練習をしたり、先生のところに質問に行ったり、ゼミに行って勉強したりと様々です。

こうしたことを笑顔の中で、前向きにやっている姿、とてもいいです。実に明るいいのです。

北翔大学は教員採用試験の合格率の高さで評価されていますが、それだけではなく、こうして仲間同士が励ましあって高めあって行く姿も、北翔大学教育学科として誇りにできることです。

 

(山崎正明)

教員採用試験2次試験対策を卒業生が応援

北翔大学の教員採用試験に向けての「対策講座」の手厚さについては、おかげさまで様々な方面から評価いただいていますが、実は、卒業生も応援してくれています。

写真は、2次対策講座の中で面接練習を終えた学生に、教員2年目の卒業生が、一緒に面接の時の「ふりかえり」をしているところです。4年生は深くうなづきながら、新たな課題を見つけているようです。その表情が笑顔。素敵です。

北翔大学卒業生のこうした応援、本当にありがたいことです。日曜日なのに、こうして後輩を応援してくれています。頭が下がる思いです。

卒業生と在学生のこうしたつながり、心強いです。

 

 

(山崎正明)

 

北翔大学オープンキャンパス8月3日〜4日

北翔大学で教員採用試験対策講座 はじまっています

 写真は「教科等指導法」についての対策講座、写真は予想問題を始めた場面です。卒業生も来ています。実技や面接も行っています。

北翔大学 教員採用試験 2次試験に向けて

 7月23日は、北海道・札幌市の教員採用試験1次の合格発表でした。夕方から合格者が集まり、2次試験に向けての説明を聞いていました。

 

 二次試験までわずかですが、体調を整えて乗り切ってほしいです。

 二次試験に向けて北翔大学の対策講座が始まります。

 

 (二宮孝行)

教育実習を前にして

幼児教育コース3年生の講義「幼稚園教育研究1」では、教育実習を前にして、毎回も模擬授業をおこなっています。

回を重ねるごとに授業の質も、授業についての話し合いの質も高まってきています。

 

 

初等教育コース(杉浦ゼミ)「ゼミ通信」

 初等教育コース杉浦ゼミでは、ゼミの活動の様子をゼミ通信でまとめています。

目的は3つです。

 

1つ目に、ゼミ活動を振り返ることで、学生の学びを深めること。

2つ目に、教師を目指す学生たちに、学級通信づくりの基礎・基本を示すこと。

3つ目に、4年生と3年生それぞれのゼミ活動の様子を伝え、ゼミ内での交流を深めること。

 

杉浦ゼミでは、「学級経営」と「道徳教育」を中心にゼミ活動を行っています。

「学級経営」としては、学級目標ならぬゼミ目標づくりを行いました。小学校現場でどのように学級目標を設定し、掲示物を作成しているのか。そのノウハウを体験を通して学びました。その他にも、個人目標づくりや係活動づくりなども行いました。

「道徳教育」としては、全出版社の教科書を読み合い、自分が選んだ読み物教材を活用した道徳の授業を行いました。ここでは、指導案を作成した上で、模擬授業を行いました。授業後には、学生同士でリフレクション技法(授業づくりネットワークの研修会で学んだ技法)を使って、授業改善について話し合う活動を行いました。

 

(杉浦 勉)

初等教育コース1年「社会見学報告会」

79日(火)に、初等教育コース1年生は「社会見学報告会」を行いました。

 

GTごとに、プレゼンテーション資料を作成し、発表しました。

 

教師という視点を踏まえながら、各GTで工夫を凝らした、素晴らしい報告会となりました。

 

(杉浦 勉)

 

初等教育コース1年「社会見学」

 76日(土)に、初等教育コース1年生は、「基礎教育セミナーⅠ」の講義の一環として、社会見学を実施しました。

場所は北海道開拓の村です。

見学の目的は2つです。

・小学校における社会見学の企画力を高めること。

・初等教育コース内(1年生)の交流を深めること。

GTごとに、見学コースを決め、教師の立場に立って子供たちを引率するという視点で見学を行いました。

見学後は、昼食を取り、GTごとに見学報告会のための発表資料を作成し、解散しました。

学生たちは、高い目的意識をもって社会見学を行うことができた上に、お互いの仲を深める、よりよい交流の機会となりました。

(杉浦 勉)

「学習指導要領 総則」を YOUTUBEで学ぶ

 

 独立行政法人教職員支援機構 NITS(ニッツ)では、学校の先生が校内や校外、個人でも研修できるように 研修教材として動画を配信しています。

 北翔大学の学生の皆さんの活用もお勧めです。今回は、学習指導要領改定の基本的な考え方について述べている「総則」の部分を紹介しました。これから教育をどのように進めようとしているのかが見えてきます。(動画は20分です)

 

 

 

打楽器の授業レッスン

 

 

 7月18日は、ベルリン在住のジャズヴィブラフォン・マリンバ奏者の齊藤易子(Taiko SAITO)さんが音楽コース打楽器の授業でレッスンに来てくださいました。

 

レッスンの他に、真貝先生のカスタネット講座もご一緒くださり、楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

(鈴木しおり)

感性を磨く

 幼児教育コースのゼミ活動では、幼児教育の現場をはじめとして、様々なフィールドに出かけて学びを広げ、深めています。

 ここでは山崎ゼミで行った「石山緑地」「札幌芸術の森」での活動を紹介します。この活動は知識を得るための勉強ではなく、美術文化の面白さや不思議さを実感として味わう楽しい活動になるようにしています。(写真参照)

 なお、石山緑地では幼児たちが楽しそうに遊んでいました。

幼稚園教育要領解説の5章「感性と表現に関する領域「表現」」のねらいについて書かれた中に次のような説明があります。

 

「幼稚園においては日常生活の中で出会う様々な事物や事象、文化から感じ取るものやそのときの気持ちを友達や教師と共有し、表現し合うことを通して、豊かな感性を養うようにすることが大切である」

 

以上のことからも、教師の豊かな感性を持っていることは大切なことであることがわかります。

この写真からもわかるように、学生たちは、抽象作品を「難しいもの、わからないもの」と捉えるのではなく、自然に受け入れ、楽しいでいます。こうした学生時代の体験はあとで教育現場の世界に入ったときに幼児の豊かな感性を感じ取ったり共感したりする上で、生きてきます。

(山崎正明)

ニッツ(NITS)のオンライン講座

 「新学習指導要領」についてyoutubeで学べるサイトがあります。もともとは教員の校内研修の活用を想定してのものでうすが、学生のみなさんも大いに勉強になります。

 

独立行政法人教職員支援機構

三浦ゼミ「算数の授業研究」

初等教育コース三浦ゼミでは、教育実習をひかえた3年生が、模擬授業を行って、力をつけています。3年生のゼミに4年生が加わっての授業研究をおこなっています。

下の写真は、10時40分からはじまる模擬授業にむけて朝8時頃から、ひとり授業前の準備をしているところです。

 北翔大学の教員採用試験の合格実績は私立大学の中では道内トップです。こうした大学での日常的な学生の主体的な学びの姿があってこそです。

(山崎正明)

幼児教育コース 工藤ゼミ〜幼稚園に出向いて学ぶ

712日に、幼児教育コースの工藤ゼミの3年生と2年生の有志で、札幌市立中央幼稚園に伺いました。子ども達と一緒に製作遊び、リレー、踊り、基地づくりなどをして遊びました。

子どもの発達について理解を深めたり、遊びを通して子どもが育つ実践について保育の場面を通して学ぶことが出来ました。

また、お弁当前の一時、345歳児全園児が集まってくれ、2年生は手遊びを子ども達に教えました。

3年生は「忍者の50音」の踊りを披露し、折り紙で製作した手裏剣を飛ばして子ども達にプレゼントしました。現場に出向いて、保育実践力を高めることが出来ました。

 

  工藤 ゆかり

写真につきましては、札幌市立中央幼稚園の園長の許可(保護者にも園から許可)を頂いております。

初等教育コース「教育実習激励会」

7月5日 教育実習に向けて 初等教育コースの学生のための「教育実習激励会」が開催されました。

幼児教育コース 劇団四季のミュージカル鑑賞

7月13日(土)今年度の「2年生・芸術鑑賞会」は、劇団四季のミュージカルを鑑賞しました。芸術に触れながら感性を高めることも大切にしています。

北翔大学で「授業づくりネットワーク」主催の研究会開催

 昨年に引き続き、北翔大学で「授業づくりネットワーク」の研修会を開催しました。今回は、昨年度北翔大学教育学科初等教育コースの学生や大学教員の参加が多かったことから、今年は内容を「小学校教育」にしぼって開催することしました。昨年もまして、充実した会になりました。

 現場の教員がよりよい教育をもとめて研究を重ねているということが、学生のみなさんにもよく伝わったようです。

(山崎正明)

 今回のテーマ(石川晋さんによる)
 
授業のリフレクションや教師自身のリフレクションについて、アクティブ・ラーニングなどの授業提案とともに、盛んに取り上げられるようになってきました。
 振り返りと訳されることの多い、リフレクションですが、では、実際にはどんな形で行われていくことが考えられているのでしょうか。
 今回は、学び手主体の授業づくりに必須の振り返りについて、4本の模擬授業の検討を通して体験していただきます。
 コルトハーヘンのリフレクション理論をベースに、渡辺貴裕さん&岩瀬直樹さん、澤本和子さん、上條晴夫さん、苅部育子さん、山田洋一さんなどの手法(アプローチ)を体験的に紹介していくプログラムです。

講義「キャリアデザイン3」

北翔大学の学生はコミュニケーション能力が高いと言われています。しかし、その評価に甘んじることなく、さらにその能力を高めています。

 写真は就業力養成のために必修でおこなっている「キャリアデザイン3」での講義の様子です。(様々な学科の学生によって構成しています)

 話し合っているのは、講義ではじめてであった学生ですが、とても、そう見えません。このような学生の姿を見て非常に頼もしく思えます。

(山崎正明)

 

幼児教育コース「教育実習激励会」

幼児教育コース「教育実習激励会」では、学生一人一人が、抱負や決意を語ります。真剣で、なおかつ温かい雰囲気でした。

北翔大学の全学共通科目「現代生活と芸術」

「北翔大学の全学共通科目「現代生活と芸術」では、6月18日の授業で「音楽鑑賞会」を実施しました。”学生による、学生のための音楽会”です。音楽コース2年生の皆さんがピアノや管打楽器の演奏を、スポーツ教育学科や福祉心理学科、芸術学科などの学生の皆さんの前で披露しました。
それぞれの演奏の前に、楽器紹介や楽曲解説など専門的なことをわかりやすく説明し、より興味や関心をもってもらえるように工夫しました。日ごろ、生演奏に接しない他学科の学生たちにとっては、心に残る楽しい授業となったことでしょう。写真はマリンバとチューバの演奏です。
打ち上げは学食のプレミアム企画メニューに遭遇し、豪華パフェで乾杯!でした。」

幼児教育コース4年澤田ゼミ活動

 ノースサファリサッポロで野外活動を行い、普段、触れることのできない動物達とふれあうことができました。

 アニマルグランピングでは、自然の中で協力しながら自炊やフレミッシュジャイアント、ハリネズミの世話を体験したキャンプでした。

 

(澤田悦子教授)

北翔大学オープンキャンパス 8月3日4日

音楽コース2年次科目「ピアノ表現演習Ⅰ」

「音楽コース2年次科目「ピアノ表現演習Ⅰ」での、マンツーマンレッスンの風景です。坂田朋優先生、新堀聡子先生、吉泉善太先生、鈴木しおり先生の4クラスで同時に展開します。7月の最終週には前期の最終発表として、先生や学生全員の前で演奏します。

 

北翔大学 就活応援ブログ

北翔大学への入学を考えている方へ

 北翔大学への入学を検討されているかた、興味のある方は、専用サイトとして「北翔大学受験生サイト」を開設しています。ぜひご活用ください。

 

北翔大学スポーツチャンバラサークル 銘凛会

「学習評価」はどうするべきなのですか?〜国立教育政策研究所が資料を公開

 

 

 国立教育政策研究所教育課程研究センターでは,各学校における指導の改善等に資するたの、指導資料や実践事例集が公開されています。

 

 最近、新学習指導要領の評価に関する資料が公開されたばかりです。

 

 これは、教育現場で、ずっと望まれていたものです。北翔大学の学生の皆さんにとっては、大変ありがたい刊行だと思います。

 

「学習評価の在り方ハンドブック小・中学校編」
https://www.nier.go.jp/kaiha…/…/gakushuhyouka_R010613-01.pdf

 

北翔大学けん玉サークル

北翔大学の周辺はこんな感じです

幼児教育コース3年生の上田彩花さんによるイラストマップ。

7月7日 北翔大学で学生と教員のための授業づくりのための研修会開催

 昨年に続き、今年も北翔大学で「授業づくりネットワーク」の研修会を開催します。

 

 7月7日(日)

12時50分開始

 

 今年は、小学校の模擬授業校とりいれながら学び手が中心となる授業づくりについて研修します。

 キーワードは「リフレクション」

 

 詳しくは、

「こくちーず」を御覧ください。

 

 今回の中心となって会をすすめる石川晋さんは、5月に北広島市や江別の小学校で授業と研修会講師をされています。

 

(教授 山崎正明)

 

 

 

 

卒業研究の取り組み

 写真は、横山ゼミ(初等教育)の様子です。卒業研究に向けて、調査研究の方法の妥当性について、議論しているところです。成果物としての論文はもちろん貴重ですが、この取り組みで得られるものにもまた、大きな学びがあります。

北翔大学は、おかげさまで教員採用試験の合格者数で高く評価されていますが、それだけではなく、こうした日常の大学での教育内容そのもののよさも知っていただければと思います。

(山崎正明)

教育学科音楽コース:チューバ・ユーフォニアム履修学生、国際大会での演奏会から帰国

5月25日から6月1日までアメリカ、アイオワ州、アイオワ大学で行われていました、国際チューバ・ユーフォニアム大会が終了し私たちは大学部門での演奏会に出演しました。

 

本学学生4名と卒業生が協力し30分のリサイタル形式によるアンサンブル演奏会を現地、5月30日(木)午前9;45から行なってきました。

今回のプログラムでは本学音楽コース卒業生、3期生であり現在、陸上自衛隊第11音楽隊ユーフォニアム奏者でもある木下利信さんの作品を演奏。

 

私どものために作曲した世界初演曲、並びにガーシュイン作曲のピアノとアンサンブル曲の編曲に協力してくれたことを感謝いたします。

またガーシュインの作品では本学、こども学科講師の前田有紀先生が素晴らしい演奏で私たちの全体の印象を強く引き出していただきました。

 

学生たちは700名を超えるプロ、アマチュア、学生が参加することで多くのことを学んだようです。4人全員がまたこの種の大会へ参加したい、また海外へ出て勉強したいという気持ちになったようです。

 

最後に金管楽器教育では世界のトップををいくアメリカで多くの専門家や学生から演奏終了後に暖かい言葉をかけていただき学生共々、今回の大会参加の成功を噛み締め帰国いたしました。

同窓会のサポートをはじめ多くの先生方の協力を得てこの大会への参加ができましたことを感謝し、報告とさせていただきます。

 

教育学科音楽コース

教授:千葉 圭説

茶道部主催 お茶会

講義「保育内容(表現)」

講義「保育内容(表現)」で「造形遊び」に取り組みました。幼児教育の基本である「遊びを通した教育」の典型的な例といっていいでしょう。なお、今回の学習指導要領改定では「造形遊び」がより重視されるようになってきました。講義で取り扱った「紙コップ」や「洗濯バサミ」あるいは「割り箸」を使った「造形遊び」は定番とも言えるものです。

幼児教育コース 宿泊研修

2019 北翔大学 養護実習 報告会

 5月26日(日)養護実習報告会を実施しました。

実習生33名が、実習の成果を発表いたしました。養護教諭コース1年、2年の学生も参加し、実習での苦労や楽しかったこと、そして学びについて熱心に耳を傾けました。

2019音楽コース 新入生歓迎会

 今年の音楽コースにも有望な新入生の皆さんが沢山、仲間入りしました!また、素晴らしいピアニストである坂田先生も新たに 専任として入られました!
 写真は、先日開かれた新入生歓迎会の様子です。この1年間、楽しく勉強してまいります。

北翔大学 養護実習

 4月8日(月)~4月26日(金)まで、札幌市内の小学校19校で33名の学生が、養護教諭になるための実習を行いました。

職員室や全校児童の前でのご挨拶に緊張しながらも、笑顔でスタートしました。

児童の名前もしっかり覚え、積極的に関わることで、多くの学びを得たようです。

保健室実習や保健指導では、多くの先生からご助言・ご指導をいただき、養護教諭としての力をつけたようでした。

2019 北翔大学オープンキャンパス6.23

講義「保育内容指導(表現)」

保育内容指導(表現)の講義の様子です。

いろいろな楽器で音づくり、即興演奏を行いました。

使用楽器:前列左からカスタネット、ホールドカホン、

後列左からパーランク、ジャンベ、トゥバーノ、カホン、鉄琴、木琴です。

 

(澤田悦子)

幼児の姿から保育を考える「エピソード記録」について学ぶ

水曜の5講目は、今年から開設した科目。全ての学年が参加する講義なので、グループワークがおもしろくなります。写真は個人ワークの場面。非常に集中しています。こうして個人の部分をしっかり取り組むので、グループワークが高まります。

 

1年生から4年生までが一緒になって「保育カンファレンス」

幼児教育コース1~4年生全員が集まり、「保育カンファレンス」をおこないました。

 

「保育カンファレンス」とは、ある保育の場面を観察し、子どもや保育者の活動から読み取れたことを他者と共有する実践です。

これを通して、同じ場面を多角的に捉える重要性を学ぶことができます。

 

 今回の授業では、入学したばかりの1年生、実習を控えた2・3年生、実習を経験した4年生と、

それぞれの視点から得られた気づきを伝え合い、保育のおもしろさと奥深さを学びました

(長津 詩織)

講義「保育内容(環境)」

「保育内容(環境)」で幼児教育のビデオを見ている学生の皆さんのその「まなざし」がとってもあたたかいのです。このような若者が先生を目指しているということが素敵です。

講義「キャリアデザイン2」

 北翔大学でとても大切にしているのが、卒業後のこと。そのために「キャリアデザイン」の講義を必修として、全ての学科の学生が一緒になって学ぶという場をつくっています。写真は「キャリアデザイン2」の講義の様子。真剣な眼差しで講義に臨み、話し合う時は、積極的に。ふりかえりとして書く場面は、素晴らしい集中力。頼もしい学生たちです。

(山崎正明)

先生のための図画工作・造形表現のための材料・用具の使い方

 文部科学省が 図画工作で扱う「材料や用具」について、公開しています。このサイトはとっても詳しいのに、とても見やすくわかりやすいです。現場の先生がたが授業を通して得たノウハウがぎっしりと詰まっています。

 内容の充実度からも強くおすすめします。

(山崎正明)

動画でよくわかる「新学習指導要領」

 政府インターネットテレビで、一般向けに「新学習指導要領」の説明をしています。これから、先生を目指すひとにも参考になるでしょう。

 

講義 2年生「保育内容(表現)」

2年生の講義「保育内容(表現)」での音楽遊びの場面です。学生のみなさんは、積極的に音楽遊びに取り組んでいます。この時間は内容は伏見先生がニューヨークで学んできたダルクローズ音楽理論をベースにしています。それにしても、学生のみなさんの表情の素晴らしいこと!先生になったときに、音楽を思い切り楽しむ子どもたちがうまれてくるでしょう。

(山崎正明)

教育学科1年生 講義「基礎教育セミナー」

 高校生のみなさんが不安に思うことのひとつに大学の講義についていけるか、どうかというのがあります。安心してください。そのための講義があります。それが「基礎教育セミナー」です。写真ではオリエンテーションなので大人数になっていますが、学びの内容にあわせて少人数グループでの時間も用意されています。

 北翔大学の「教員採用試験」の合格者が毎年増え続けているのは、こうした地道な努力があってのことです。

この時間の1年生のみなさんの表情の素晴らしさ、真剣さが伝わってきます。さすが北海道の教員採用試験で私学ナンバーワンの北翔大学です。

(山崎正明)

北翔大学2019年度 オープンキャンパス

教育学科オリエンテーション

新入生オリエンテーション 養護教諭コース

今日は1年生が,グループに分かれて,自分の時間割を作りました。(養護教諭コースの様子です)

 

 

 

初めてのことなので,2年生の先輩がアドバイザーとしてグループごとに入っています。

(佐々木浩子)

ようこそ!北翔大学 教育学科へ

2019年 北翔大学入学式