このサイトは、北翔大学 教育学科の「学生の今」を伝えるサイトです。

各コースの報告は、それぞれのコースの特徴に応じて、時期によって、更新頻度が違います。ご了承ください。

 なお、北翔大学教育学科を体系的に詳しく知るためには「北翔大学」をごらんください。

オープンキャンパス 体験授業

 高校生のみなさん、オープンキャンパスの幼児教育コース「体験授業」に、多数参加いただきありがとうございました。

 大学生による「教育実習」のお話をさせていただきましたが、その中で「幼児教育で大切にすべきこと」などについて知っていただくことを意図していました。

 参加された高校生のみなさんの感想をあとでみんなで読ませていただきました。深いところまで学び取っておられることに、大学生も確かな手応えを感じていました。次のオープンキャンパスは8月4日5日です。ぜひ、またいらしてください。

(画像掲載については、参加された高校生のみなさんの了解を得ています。ありがとうございます。)

北翔大学同窓会 淑萃会が現役学生の食生活を応援

北翔大学 教育学科 News Letter №2

頑張る卒業生たち〜幼稚園の現場から

 北翔大学の卒業生2名が、同じ幼稚園に勤務しています。3年前に卒業した佐々木さんと今年卒業した鳥潟さんです。北広島市にある大地太陽幼稚園です。その「おやこ造形ひろば」という行事を参観してきました。その姿を見て、さすが、プロになると顔つきも違うと感じました。園長先生や先生方からも 二人が一生懸命にやっていると話してくださいました。とても、嬉しい参観でした。そして何より、子供達の主体的で喜びにあふれる姿は素晴らしいものでした。かけがえのない大切な大切な幼児期の教育にかかわることはなんとやりがいのある仕事でしょう!

(山崎正明)

 

*写真の掲載については大地太陽幼稚園園長先生の了解を得ています。なお、このサイトでは、扱う写真はすべて了解を得ています。

《学生Report》 教員採用試験に向けて

 6月24日(日)は教員採用試験一次試験です。4年生はこの第一関門を突破するために、朝早くから夜遅くまでゼミ室や図書館などを使い勉強しています。私たち3年生は、そんな先輩方を応援したく、お守りを作りプレゼントしました。「合格祈願」と「すばらしい先生になりますように」という思いを込めて…。

 一年後には私たちが試験当日を迎えます。今、先輩方からたくさんの刺激をもらい、教育実習、勉強への励みにできたらと思います。

「頑張れ 4年生!」

「頑張れ 三浦ゼミ!!」

三浦ゼミ3年生一同より

 

(三浦ゼミ 3年ゼミ長 梅山 裕太)

北翔大学CMソング Watana Besta SOCIAL club「Whipper」

頼もしい卒業生

 教育学科の前身、学習コーチング学科の卒業生、高橋翔平さんが、2週に渡り、講義「障害者スポーツ・パラリンピック概論」の特別講師に来学しました。ブラインドサッカーに関する講義と演習を担当してくれました。

 現在、札幌市視覚支援学校に勤務しています。加えて、札幌市内にあるブラインドサッカーチーム「ナマーラ」の監督をするとともに、2020、2024年開催のパラリンピックに向けて、ブラインドサッカーのジュニア選手を育てる全国の強化チームのコーチとして、毎月上京して指導をしているそうです。
 写真は、講義後、研究室を訪ねてくれた時のものです。ブラインドサッカーについて、色々と教えてくれました。
 卒業後、少しずつ活躍の場が広がっていったとのこと。学生時代の爽やかさに頼もしさが加わっていました。卒業生の活躍は嬉しいものです。

 

(小杉直美)

6月24日 北翔大学オープンキャンパス模擬授業

音楽コースの石川くん「大學新聞」に掲載

 教育学科音楽コース4年の石川慎也さん、パシフィック・ミュージック・フェステバル(7月開催)参加が全国紙『大學新聞』に紹介されました。

地域連携センター企画「レクチャーコンサート」

 5月16日3時間目は、北翔大学地域連携センター企画・教養講座で、「レクチャー・コンサート」を844教室で開催しました。今回、初めて普段の授業「生涯学習音楽指導論(音楽コース3年次)」での鑑賞学習を、そのまま一般のお客さまに公開いたしました。私のピアノ演奏と解説、学生のモーツアルト作品の連弾など、お客様と楽しく90分間を共有させていただきました。スタッフとして手伝ってもらった学生たちとの打ち上げは、学食のソフトクリームで乾杯ならぬ、乾コーン!!

 

 後日、地域連携センターから届いたアンケート結果では、なかなか好評だったようです。これからは、このように授業を地域に公開する機会を増やしていきたいと考えています。

 

(鈴木しおり)

 

北翔大学は「TED× SAPPORO」 のコアパートナー

 全国各地で講演会をされている植松努さん(北海道 赤平)の動画、アクセスが300万を越えました。自分の可能性について考えさせてくれるからでしょう。この素晴らしい内容を多くの人に知ってもらおうということでTEDでは動画を 公開しています。

「 TED× SAPPORO」のコアパートナーが、北翔大学です。大学には社会貢献が求められています、誇りにできることです。  教師を目指す人には、ぜひ見て欲しいです。

植松電機」の WEBサイトも是非ごらんください!

(山崎正明)

 

自然豊かな環境の北翔大学

 北翔大学は札幌圏という便利な環境にありながら、自然が大変豊かです。大学前の通りをまっすぐ進むとそこは野幌森林公園です。講義やゼミでも活用されています。

《関連記事》

 

 ⭐︎北翔大学周辺の自然環境

 ⭐︎先生、あのね

看護学臨床実習

  6月6日養護コース2年生の看護学臨床実習の中で毎年大学のある江別市保健センターにも見学実習に伺います。

 乳児の保健指導のフードモデルを見せていただいたり、新生児モデルを抱っこしたり、妊婦スーツをつけた体験をさせていただいたりしながら、地域の保健センターの役割や学校とのかかわりを学びました。

(丸岡里香

 

子どもと触れ合いながら学ぶ

 幼児教育コースの3年生が、授業の一環で第2大麻こども園で保育参観させていただきました。

 

 朝の自由遊びと集まりの様子を見学したあと、散歩に行ったり、公園で自由遊びをしたりなど、体を動かして子どもたちと思いきり遊んできました。

 

 開始前と終了後には園長先生から保育方針や子どもたちに対するまなざしについてお話しいただき、

理論と実践の両面で今後の実習等に役立つ貴重な学びの機会となりました。

 

 第2大麻こども園の子どもたちと先生方、ありがとうございました!

 

(長津詩織)

 

(写真掲載については、大麻第2こども園様より了解を得ています。)

 

 

幼児教育コース「卒業研究中間報告会」

  6月13日 幼児教育コース4年生で「卒業研究中間報告会」を開催しました。

  本発表は来年1月30日(水)ですが、それに向けて、それれがどのような研究に取り組んでいるのかを報告しあう会です。

 一人一人の研究に対する誠実な姿勢が伝わってきました。卒業研究が大学での学びの集大成になります。

 この研究の成果が、「幼児の幸せ」につながっていくに違いありません。

 (山崎正明)

 

ゼミの学外活動(初等教育コース)

 ゼミの学外活動をご紹介します。(初等教育コース  5/24実施)

今回の活動では、児童の運動能力向上を目的に、野外活動を学校教育に取り入れる可能性について考察を進める目的を設定しました。

 北海道では児童の運動能力の低下が課題視されていることもあり、学外の施設を有効に活用することを視野に入れて、北海道にオープン仕立ての「フォレストアドベンチャー恵庭」に出かけました。

体験の振り返りで、学生からは学校教育に日常的に取り入れることは難しいが、第三の機関を活用することは有効。野外活動自体を目的に取り組ませることは可能との意見が聞かれました。

 

 森の中で、知恵と体力を存分に使いながら、大いに楽しく学べた様子です。4年生にとっては教員採用検査1ヶ月前にあたり、解放されたひと時が過ごせた様子です。3、4年ゼミ生15名は思い切り体力を使った後に、芝生で自然と空気を堪能して大学に戻りました。皆、翌日の筋肉痛は、相当であったようです・・・。

 

文責 小杉直美

北翔大学 けん玉サークル 翔びけん

北翔大学の学生はコミュニケーション能力が高い

「北翔大学の学生はコミュニケーション能力が高い」と評価されることが、多いです。

 その背景としてあるのが、北翔大学が学部、学科の枠を超えて「キャリアデザイン」という講義を必修としていることもあるでしょう。

 写真のような話し合いやグループワークですが、初対面の相手でも、笑顔で取り組んでいます。本当に素晴らしいです。

 

 写真一枚、一枚をご覧ください。一人一人の学生が自分なりのスタンスで、グループワークに主体的に参加しているのが感じられることでしょう。

 

 なお、この「キャリアデザイン」の講義では、他学部、他学科の学生と知り合えることも大きな魅力です。

 

 

卒業研究 

 「卒業研究」は、それぞれのコースで特色があります。これは、「幼児教育コース」の卒業研究の例です。

 このゼミでは「幼児の造形活動での学び」に注目しながら、学生個々で、それぞれの保育の方法について研究することにしました。

 そこで各種文献で、基礎的な研究を深めつつ、よりよい保育を行うために具体的にどうするか、を考え、実際の保育現場に出向いて実践的に検証しています。第二大麻こども園での設定保育を実践することにしました。写真は第一回目の様子です。

 

 なお、こうした研究についてご理解いただき、応援いただいている大麻第二こども園さんに大変感謝しています。

 

(写真掲載については、第二大麻子ども園様より了解を得ています)

北翔大学 YOSAKOIソーラン 友和

北翔大学学生参加の「授業づくりネットワーク」の研究会

 6月10日(日)北翔大学で「授業づくりネットワーク」の研究会が開催されました。

 参加された学生のみなさんにとっては、新鮮な内容だったことでしょう。

 「授業づくりネットワーク」はずっと以前から「アクティブラーニング・対話による深い学び」のようなことに先進的に取り組んできたこともあって、そういったことでも参考になったのではないでしょうか。

この研究会は、もっとよい授業がしたいという方々の集まりです。それだけ教育の仕事はやりがいがあるということです。参加者の先生から北翔大学の学生のみなさんの意識を高さを評価していただいたこともとてもうれしいことでした。教育実習のことも応援してくれています。ありがたいことです。

 なお、研究会での服装ですが、この会は自由ですが、例えば、他の研究会では、スーツ姿を求めているところもあります。これは知っておいてください。

 (山崎正明)

北翔大学 陸上競技部

頑張る北翔大学学生 教員採用試験に向けて

 ゼミの活動の時間が終わり、その後の空き時間にひたすら勉強している学生のみなさん。

 とにかく、真剣です。こうして採用試験に向けて黙々と取り組む姿は、大学の中で当たり前のように見られるようになってきました。一人でやるだけでなく、仲間とともに励まし合い、高め合いながらやっている姿もとてもいいと思います。こうした姿勢は先生になったときのクラスづくりにも生きていくことでしょう。

 真剣に取り組む学生の姿を見ていると教育学科全体が上昇気流に乗っているかのようです。このような学生の姿を誇りに思います。私達大学教員にとって大きな喜びでもあります。(こんな記事は親ばかのようですけど…書かずにはいられませんでした。)

 道内私立大学で教員採用試験合格数ナンバーワンになっている背景には、こうしたこともあります。

 

6月10日 北翔大学で「授業づくりネットワーク」の研修会開催!

 

北翔大学にて「授業づくりネットワーク」による研修会が開催されます。

 

今年度は全国で11回開催のうちの2回目です。今回のテーマは「学級&授業と表現の関わりを考える」です。

 

申込や詳細は「こくちーず」で。
教師を目指すみなさんや先生方のための研修会です。強くおすすめします。
前回は東京で、今回は北海道、北翔大学です。 
日時:2018年6月10日(日)9:30~17:00 
講師:NPO授業づくりネットワーク理事
(石川晋、戸来友美、藤原友和、平山雅一、藤倉稔、山崎正明)
場所:北翔大学 724教室(069-0833 北海道江別市文京台23)…公共交通期間でいらしてください。
会費:3000円(昨年3月発行以降の授業づくりネットワークを持参いただいた方は、2500円。学生、Teach For Japan関係者は1000円)
【講座開催にあたって】 
b0068572_10050221.jpg 授業づくりネットワークは、今年の4月で創刊30周年を迎える教育研究団体です。1990年代から、ワークショップ型授業やディベート、特別支援教育など、様々なテーマに先進的に取り組んできました。大きな授業改革のうねりの中で、私たちのこれまでの提案に注目が集まっています。
 今年度はこうした情勢を踏まえて、年間11回の研究会を企画しました。北海道はその2回目です。6名の理事が集結し、理論と実践の行き来を大切にしてきた私たちらしく、丁寧にみなさんのニーズに応える集会づくりをします。どうぞいらしてください。今回は、ずばり学級&授業と表現の関わりを考える集会です。
<プログラム>
10:00~   本日の「地図」を開きます
10:10~11:05 講師陣10分トーク
   ☆ファシリテーター藤倉稔さん
   ①平山雅一さん・・・作文的手法
   ②戸来友美さん・・・演劇的手法
   ③石川晋さん・・・・写真表現
   ④藤原友和さん・・・ファシリテーション・グラフィック
   ⑤山崎正明さん・・・美術表現
11:10~12:20  さらに聴きたい「クロストーク」
   15分×4+共有  ☆ファシリテーター藤倉稔、FG藤原友和
13:20~13:40 平山雅一・・・作文的手法の必要性
13:40~14:00 戸来友美・・・演劇的手法の楽しさ
14:10~14:30 藤原友和・・・ファシリテーショングラフィックの可能性
14:30~14:50 山崎正明・・・美術表現の豊かさ
15:00~15:40 読書会「みんなで石川晋先生の文章を読み合って語ろう」
15:40~16:00 石川晋・・なぜ写真実践、どう写真実践
16:10~16:40 平山×戸来×山崎・・パネルディスカッション
  ☆モデレーター藤倉稔さん FG藤原友和さん
16:40~17:00 本日の地図の向こう側へ~今日の学びを振り返る
  ☆ファシリテーター藤倉稔&藤原友和

北翔大学オープンキャンパス

札幌市文化芸術交流センターでアートコミュニケーターを募集しています

 大学の教員は大学内での仕事のほか、研究活動あるいは、社会貢献なども、様々な役割をになっています。

 ここでは山崎正明教授の社会貢献を紹介します。

 

 「札幌市文化芸術交流センター」が取り組むアートコミュニケーターの育成にかかわります。

 

 教育学科のみなさんにも、紹介しておきます教育の視点、生涯教育の視点からも、意義のあるものです。

 

 

 

 

 

 

音楽コース 新入生歓迎会

 写真は、音楽コースの新入生歓迎会の様子です。先輩たちに続いて、新入生が前に出て、自己紹介をする企画です。互いにとても緊張する場ですが、この会を契機に音楽仲間としてどんどん打ち解けます。5月の現在は、アンサンブルを組んで学外へ演奏活動に出かけています。

対話を通して得られるよさを実感している学生のみなさん

 講義の中で話し合いをしている学生の表情を御覧ください。これからの教育では「対話的な学び」が大切にされていきますが、そういう視点で見ると、とても素晴らしい表情です。講義の振り返りでは、対話を通して視野が広がることの良さ、様々な感じ方や考え方があるおもしろさ、そして高め合うことを実感しています。素晴らしい学生たちです。北翔大学では「キャリアデザイン」という講義の中でもこのような力をつけるようになっています。

 この話し合いの方法は、「ワールドカフェ」の要素を取り入れたものです。次の写真は、この話し合いを通しての学びについて書いているところです。先程のにぎやかな教室とは、ガラリと変わって文字を書く音だけが聞こえてきます。実はオープンキャンパスでこんな姿を見ていただけたら、どんなにいいだろうと思います。

感性を磨く

 北翔大学ではゼミでフィールドにでかけることもあります。ゼミによってそれは様々です。博物館であったり、美術館であったり、自然の中であったり、写真はゼミで行った「モエレ沼公園」です。若いうちによいものに触れ感性を磨くこともまた大事なことの一つです。

 

国際教育音楽祭「PMF2018」に、教育学科石川慎也さんが参加!

「パシフィック・ミュージック・フェステバル(PMF)」は、20世紀を代表する指揮者・作曲家のレナード・バーンスタインが、ニューヨークに本拠を置き、札幌に創設した国際教育音楽祭です。バーンスタイン生誕100周年で音楽祭にとっても記念の年となった本年は、世界66ヶ国から1190名の応募がありオーディションが行われました。その中で、本学教育学科音楽コース4年生の石川慎也さん(打楽器)が合格し、7月7からの26日間に北海道、広島県、東京での約40公演に参加します。音楽コースからは、真貝裕司先生(元札響首席打楽器奏者、本学非常勤)のご指導のもと、10期生(芸術メディア学科)の白戸達也(打楽器)さんに次いで二人目の快挙です。石川慎也さん本人のコメントを以下に紹介いたします。オーディション合格までの努力の道のりが詳しく述べられており、応援したくなります。

 

PMF2018オーケストラアカデミー参加にかける思い

 

北翔大学教育学科音楽コース4年

石川 慎也

 

 

 

私はこの度、PMF2018オーケストラアカデミーに打楽器奏者として合格し、77日~81日までの26日間に札幌を中心に道内各地、広島、東京での約40公演に参加いたします。

今年はPMF創設者であり20世紀を代表する音楽家レナード・バーンスタインの生誕100周年ということもあり、オーディションを受けた人数が1190人と、とても倍率の高いオーディションでした。

オーディションはティンパニ、小太鼓、シロフォン、グロッケンの4つの楽器を使用し、課題として出されている各楽器のオーケストラスタディ合計11曲を無編集で1本の動画に収めて送るビデオ審査でした。ビデオ審査は何回でもやり直しが効きます。しかし、それはオーディションを受けている世界中の方々も同じなので、決してミスは許されず最高のものを送らなければならなかったので、実演審査とは全く違う緊張感でした。およそ300回ほど、納得がいくまで撮り続けました。その苦労があってこそこのような結果をいただけたので、練習は嘘をつかないということを実感しました。

私はオーケストラの中で演奏した経験が少なかったので、師事する真貝裕司先生(元札幌交響楽団首席ティンパニ・打楽器奏者、日本初のプロカスタネット奏者)に沢山のアドバイスをいただき日々練習をしていました。そして毎日音源を聴きスコアを見て演奏方法や表現を研究しました。私は優れた音感があったり才能があるわけではなかったので、練習回数を重ねるしかありませんでした。

オーケストラの曲に慣れるために、課題のフレーズを10000ほど練習して回数をこなし、身体に染み付けました。慣れてきたら、常にオーケストラの中で演奏しているということを意識して練習をしていました。

ずっと同じ曲を練習していると演奏に対しての視野が狭くなってしまうので、違う曲を練習して表現を変えるなどの工夫をし、とにかく時間をかけて内容の濃いものになるように練習しました。

しかし、音楽は演奏回数を重ねると技術的に慣れると同時に、その曲に対しての新鮮さを失ってしまいます。歴史あるオーケストラ作品で聴衆を感動させるためには、演奏者自身が新鮮さを持って演奏することで新たな感動を与えることができるのだと思っています。

演奏者自身が音楽を楽しむためには、それ相応の練習量や質で裏付けをしなければなりません。PMF2018オーケストラアカデミーに合格したからには、自覚と責任をしっかり持ち、音に自分らしさやこだわりを求めて妥協のない演奏をいたします。PMFならではの国際的な交流を通じて、音楽面はもちろんのこと、それ以外の分野も沢山吸収して多方面で実りのあるものにしたいです。

まずは、PMF会期までにしっかり練習を積んで準備をし、77日からの26日間を人生で番楽しいものにしたいと思います!

 

※オーケストラスタディでは、オーケストラ作品の打楽器部分を抜粋しています。例えば、ティンパニではチャイコフスキーの「交響曲第4番」、グロッケンではデュカスの「魔法使いの弟子」からの抜粋でした。

 

地域の資源を活かす

 北翔大学は野幌森林公園に隣接していて、教育を学ぶためにも非常に恵まれた環境にあるといえます。写真は講義の中で「野幌森林公園自然ふれあい交流館」に行ってきたときの様子です。将来先生になったときにこうした地域の施設の方などとの連携も非常に大切になってきます。施設の中で先生のたまごの人たちが、施設の展示などを見ながら、様々な発見をし、興味を示しています。大学生たちの純粋な反応を見ていると、せんせいになったときに、子供たちと感動を共有できる先生になってくれるだろうと思いました。

2018北翔大学オープンキャンパス

幼児教育とエプロンシアター

 幼児教育コース3年の工藤ゼミでは、軽くてどこへでも持ち運べ、いろいろな仕掛けがあって子どもたちもワクワクしながら見ることのできる「エプロンシアター」を作成することになりました。今日は、その材料であるキルティングの布、パーツを作るフェルトなどを購入に行きました。

 自分の選んだお話の場面を思い浮かべながら、必要な物を購入しました。布のもつあたたか味を生かしながら、子ども達の感性を育てるエプロンシアターをめざします。

  (文責:工藤 ゆかり)

図画工作の模擬授業

「図画工作」小学校5年生でアルミの針金を使った題材で模擬授業をしました

 

 学習指導要領では、「内容の取り扱い」の中で、「針金」については、次のように示されています。

 

「(6) ウ  5学年及び第6学年においては,針金,糸のこぎりなどを用いること。

 

 

指導に当たっては,初めて扱う用具については,基本的な扱い方を踏まえた上 で,用具を使うこと自体を楽しむようにすることが重要である。前学年までに経 験した用具については,その使い方に慣れるようにするとともに,簡単な手入れ をしたり,それらを大切にしたりする習慣が身に付くようにすることが必要であ る。なお,集める材料の種類や使い終わった材料の処理などについては,ごみの 分別や環境に対する配慮が必要である。」

(以上、学習指導要領から一部抜粋)

実際の模擬授業では、最初に「試す活動」を取り入れ、その上で実際の表現活動に入っていくように授業が「構成」されていました。

この「試す」という活動で学ぶことが非常に大きいことがこの模擬授業でも確認できました。また、安全指導も、教科書の指導性、指導資料などから学びながら、適切な指導がなされていました。

 なお、7月に岩見沢で開催される「全道造形教育研究大会」のその研究内容で次のように述べられている部分もあります「素材を通して感じる・考えることや,方法・手だてを考え,工夫するなど,試行錯誤の機会と時間の保障をすることが必要です。」

 上の右端の女性が先生役。一人一人に声をかけながら、授業をすすめましたが、生徒役の学生からも声掛けの評価が非常に高かったです。写真の表情からもわかるように、笑顔で共感的な雰囲気です。一人一人のやろうとしていることにとても興味を持って接しているのです。それは表面的にほめているのとは違います。一人一人の感じ方や考え方を大切にしてます。また、こうした教室では、受容的であたかなな雰囲気になりやすいです。「対話的で深い学び」を生み出すための必要条件ともいえるでしょう。

 なお、今回、忌引のために講義を受けられない学生が、仲間の学生に言って授業のビデオ撮影を依頼していました。よい先生をめざして講義を大切に考えているからこそです。未来に出会うであろう子供たちのために頑張っています。素晴らしいです。

(山崎正明)

中学生が北翔大学で体験授業

 砂川中学校の生徒のみなさんが北翔大学に体験授業にやってきてくれました!

 それぞれの学科にわかれての体験です。教育学科では山崎・伏見とゼミの学生で担当しました。

 

 砂川中学校の生徒さんたちは、誠実で前向きに講義に臨んでくれました。

 中学生のお礼の言葉のあと、大学生を代表して鐙谷くんから「今、できることを一生懸命頑張ってください。」という主旨のお話をしましたが、その話を聞く生徒さんたちの表情がとても真剣で、素敵でした。

(写真の掲載については、個人が特定できないことを条件に 砂川中学校の先生より許可をいただいています。本当は一人一人の表情が素敵でそれを紹介したいほどでした!)

 

 砂川中学校の生徒のみなさんが考えた「理想の先生」像。おおきくわけると「面白くて優しい先生」「わかりやすい授業をしてくれる先生」「生徒一人ひとりを大切にしてくれる先生」など。先生を目指す大学生にとって参考になりますね。

 

(山崎正明)

 

初等教育コース  佐々木 邦子ゼミ 2018年度スターティングレポート

佐々木 邦子ゼミ 2018年度スターティングレポート

 

 今年の3月に4年ゼミ生が7名卒業してさみしくなったのですが、今年度も7名が新しく加わってくれました。4年生7名、3年生7名、計14名でゼミ活動のスタートです。

 

 顔合わせとしての合同ゼミを4月の中頃に研究室で行いました。自己紹介をし合って、それぞれ“よろしくお願いいたします”。

 ゲームをして楽しい時間を過ごしました。(佐々木お手付き1回)

 

 初のゼミ合同フィールドワークは、北海道近代美術館と三岸好太郎美術館でブリジストン美術展の鑑賞です。学生は各自お気に入りがあり、後日大学でのゼミで感想を述べ合いました。

 

 美術鑑賞の後は3年生の歓迎会です。毎年新年度には歓迎コンパ、年度末には追出しコンパをしています。様々な時間を共有することで先輩後輩が一層親しくなります。大学のゼミの醍醐味ですね。

 

3年生はゼミ演習が始まりました。今回の文献は『非行の原因』(ハーシ著)で、分担発表のうえ討議をしています。また、来年の教員採用試験を視野に入れた勉強ゼミで小さなステップを始めました。

 

4年生は、あと一月に迫った小学校教員採用試験に向けて全員一生懸命勉強をしており、その緊張感が伝わってくるほどです。たまに息抜きをしながら、最後まで頑張りきるように願っています。

 

(5月19日 佐々木 邦子)

 

講義「幼稚園教育研究Ⅰ」

 幼児教育コース3年生「幼稚園教育研究1」で、模擬保育を行いながら実践力を高めていきます。学生のみなさんは、模擬保育を行うために、様々な準備をします。たくさん悩みますが、そのぶん確実に力をつけてきています。

専門性を高めるゼミ

 北翔大学では3年生以降、ゼミに所属し、専門性を高めていきます。例えば山崎ゼミでは「造形美術と幼児教育」というように。ですからそのゼミによって、学ぶ内容が違ってきます。そこが魅力です。

 この写真は、ゼミで造形美術のよさや面白さを実感するために行った「石山緑地」の一場面です。写っている人間のお大きさを見ると、そのスケールがわかると思います

これは、ビデオや写真では体感できないことです。柔らかな日差しや、鳥のさえずり、地面を歩く感触、様々な光、などいろいろな要素が一体となって人の心を動かします。大学生の時に、よいもに触れることの意味は大きいです。

 「ここに子供達を連れてきたら…」と、考えたりするとまた違って見え方がしてきます。なお、「石山緑地」はおまけで、本命は「札幌芸術の森」です。この写真も紹介します。(山崎正明)

 

1,2年生 合同ミーティング

 

 北翔大学では、34年生になるとゼミ活動がありますが、12年生はGTの先生がいて、同じGTの仲間と助け合いながら学生生活を送っています。

今日は、工藤GT12年生合同で、試験やレポートのこと、一人暮らしの食事のこと、アルバイトやボランティアのことなどについて話しながら、交流しました。

楽しい一時でした。文責 工藤ゆかり

北翔大学オープンキャンパス 2018

ゼミ活動2018春

ゼミ活動2018春

4/26(木)、ブリヂストン美術館展(於  北海道立近代美術館、三岸好太郎美術館)の鑑賞に出かけました。隣接の知事公館にも立ち寄り、エゾエンゴサクやキバナノアマナなど北海道の春の花をしばし観察しました。庭園は期間外で散策できず、遠目に桜を愛でながら…。

2018年、ゼミ3、4年合同活動の初回は学食での顔合わせ。第2弾は、豊かな感性の醸成と教養への刺激を目的とした美術鑑賞。ゼミ生15名が勢揃いして、美術の勉強に勤しみ、夕刻からは4年生企画の3年生を迎える会が催され、楽しい時間が過ぎて行きました。

今年度も闊達な学生が揃いました。多様な体験を通して指導力、企画力、実践力を培って欲しいと願っています。彼らの活力に負けずに、むしろパワーをもらいながら、学びを模索しています。
                                  

 ( 文責  ゼミ担当  小杉直美)

教員採用試験に向けて

 4年生は空き時間や放課後の時間をフルに活用して、採用試験の勉強に励んでいます。北翔大学は北海道の私立大学で教員採用試験合格者数ナンバーワンですが、こうした努力もあってこのことです。年々、学生たちの採用試験への意識は高まっています。素晴らしいことです。

北翔大学の同窓会が学生の食生活を応援!

卒業研究に向けて

 山崎ゼミでは、4年生の「卒業研究」の題目や方法が正式に決まりました。

 手に持っているのは、大学に届け出る「卒業研究題目・種別決定届です。自分のやることが明確になり、思わず、笑顔になっています。

 この卒業研究は、4年制大学の醍醐味です。難しいからこそやる価値があります。

GT・ゼミでの合同交流会

 大学では学級はありませんが、1、2年生では ガイダンスティーチャー(GT) 、 3、4年生ではゼミ(専門性を高める)という制度があります。写真は幼児教育コースの澤田悦子先生の GT学生とゼミ生の合同交流会の様子。交流会は4年生が企画してくれました。

卒業生から学ぶ

 卒業生が大学にやってきてくれました。今回は保育現場の話をゼミ生に話してくれました。現役学生にとっては、大変勉強になりますので、ありがたいことです。

 

2018 北翔大学オープンキャンパス

ガイダンスティーチャー 1年生の交流会開催!

  426日、1年生のGT(ガイダンスティーチャー)学生、4年生ゼミ学生等と交流会をしました。

 今年、入学した学生のなかに製菓を勉強した人が加わりました。1回目はクレープの焼き方、カスタードクリーム、キャラメルソースなどの作り方を伝授してくれました。

クレープ生地を重ねてクリーム、フルーツを添えてミルクレープが完成しました。

あっという間の楽しい90分でした。

 

(初等教育コース 木下GT

北翔大学で授業づくりネットワークの研修会開催!

 NPO法人「授業づくりネットワーク」は、よりよい授業をつくりあげていきたいという強い意思を持った人たちの集まりです。そのためにその成果を出版物として刊行したり、研修会を開催したりしています。

 

なお、ここに紹介した本「授業づくりネットワーク」の最新刊です。

 

 今年創立30周年を迎える「授業づくりネットワークで」では、全国各地で研究会を開催しています。

 対象は教師と教師を目指す学生です。今年度の予定は全国で13回。そのうちの1回は、なんと、この北翔大学で研修会を開催します。

 

 開催日は6月10日(日)

 

 

 詳細は後日、おしらせします。

 

 左の本の執筆者で理事長の石川晋さんをはじめ、

多数の講師陣がやってきます。

 

 教師を目指す学生のみなさんに強くお勧めします。

 

 後日、詳細をお知らせします。

 

 (山崎正明)

 

 

 

 

 

 

先生をめざす

 講義「保育内容(環境)」の講義での一コマを紹介します。

 

 倉橋惣三氏の言葉と小西貴士氏の写真で構成した「小さな太陽」(フレーベル館)という本を見せました。

 

 そのときの学生の反応に感心してしまいました。

 

 子供の写真を見る一人一人のその眼差しが、とてもあたたかいのです。しかも全員です。一人残らず。

 

 さすが、先生や保育士を目指す若者が集まってきた大学だと思いました。

 

 よい教育をするために、たくさん学び、力をつけなくてはなりません。しかし、その根っこに子供へのあたたかな眼差しをもっているとうことは とてもとても大切なことだと思います。

 

 北翔大学の学生を誇りに思える一場面でした。

 

 (山崎正明)

 

 

北翔大学の同窓会が学生の朝食をサポート

 現在、北翔大学学内の同窓会「淑萃会(しゅくすいかい)」の前に「パイセンめし」ののぼりが掲げられました。

 

 「パイセン飯」は北翔大学の同窓会の皆さまがセンパイとして現役学生の健康、体力向上を願って朝食をサポートするというものです。設定日の朝食が、100円で提供されます。(100食限定)

 

実施日は

 

5月9日、10日、11日

 

6月25日、26日、27日

 

および

 

7月、11月、12月、1月の各3日間

 

 

webサイト「淑萃会」

 

 

「保育実習指導(Ⅱ)・(Ⅲ)」

 幼児教育コース4年「保育実習指導(Ⅱ)・(Ⅲ)」では、2〜3月に行われた保育所・福祉施設実習の振り返りをしています。

 この日の授業ではグループワークを通して、実習日誌や指導案の書き方、喧嘩への対応、異年齢保育の行い方など、実習中に感じた課題を共有しました。

8月に再び行われる保育所・福祉施設実習に向けて、今後もグループで解決策を考えていきます。(長津詩織)

 

 実習の振り返りをして、上手くいかなかった・辛かった気持ちをクリアにして、学びが不十分なところは補って、次の実習へ、そして保育者の道を選択して欲しいと願っています。(工藤ゆかり)

 

幼児教育コースミーティング

 教育学科の宿泊研修ですが、今年は1年生と2年生の合同の形で実施します。

 

 そのために2年生のミーティングを実施しました。

 

 

 

講義「国語科指導法(Ⅲ)」

「国語科指導法(Ⅲ)」の一コマ〜小学生用の国語辞典の研究。

複数の国語辞典を値段、語彙数、色づかい、引きやすさ等の観点から比較検討を行い

これがいい!と思う1冊を選びました。

二宮孝行)

ゼミ活動(食育)

 孟宗竹をゆでて、たけのこ料理を作りました。姫皮、穂先はお浸し、中央部は木の芽和え、根元は炒めものにしました。

たけのこの食感、風味から春を満喫しました。

 

(木下教子)

 

教育月刊誌「初等教育資料」

 大学の図書館の雑誌コーナーにある月刊誌「初等教育資料」(東洋館出版)は、小学校や幼稚園の先生を目指す人のためにおすすめ一冊です。

 

 文部科学省教育課程課と幼児教育課が刊行している教育月刊誌です。

 

 毎月いろいろなテーマで特集が組まれています。教育の最新の動向もわかりますが、教育現場でどのような授業をしているのかも、わかりやすく紹介されています。

 

 まだ読んだことのない人は、図書館に行ってみるとよいでしょう。

 

 目次やタイトルを見ているだけでも、何が大切にされているのか 少し見えてきたります。

 

 

(山崎正明)

音楽コース石川慎也くん、ルディメンツJA PANフレッシュコンサートで優良賞!

全日本打楽器連盟主催の、全日本アンサンブルコンクール(3月31日)と、第1回ルディメンツJAPANフレッシュコンサート本選(4月1日)が埼玉県和光市文化会館で開催されました。フレッシュコンサートでは、北翔大学教育学科音楽コース4年の石川慎也さんが、演奏を評価され優良賞を授与されました。写真は、指導された真貝裕司先生(元札幌交響楽団員、現在北翔大学音楽コース非常勤)とです。

期間中、アメリカから来日された世界的打楽器奏者のバリット教授とボーズマン博士の演奏やマスタークラスも開かれ、そのテクニックや音楽性に受講者は大いに感銘を受けたそうです。

基礎教育セミナー 学長講話

 大学で学んでいくうえで、その基礎となる力をつけていくのが「基礎教育セミナー」です。北翔大学として、大事にしている科目なので、たくさんの先生の協力によって講義をつくっています。

 写真は学長の講義「学長講話」です。山谷学長は、プレゼンをしながら、学生との対話を大切にして講義をすすめています。

 学生が講義に望む姿勢も立派です。学生の表情から熱心に話を聴いていることがわかります。教員採用試験が北海道私学ナンバーワンですが、こうした学生の意欲があってのことです。

 

 また、自分が大切だと思うことをノートしています。その内容も、まとめ方も、書くタイミングも一人一人違います。しかし共通しているのはやまや学長の講話から学び取ろうとする姿勢です。

 

 北翔大学の学生はコミュニケーションの力が高く、挨拶がいいと言われていますが、実は、「聞く」力の高いといえます。

 

(山崎正明)

 

「先生、あのね、」

 ここは野幌森林公園の周辺。この道を真っ直ぐ10分ほどあるくと、左手に北翔大学。自然豊かな環境にある大学である。

 先生をめざす学生にとってこの環境は豊かな学びを提供してくれる。

 

 幼稚園児や小学生も通園、通学の道で、きっと春の気配を感じている子もいるだろう。

 朝、教室に入ってくるなり「先生、あのね、」って言いながら、見つけた春のことをうれしそうに話しかけてくるかもしれない。春の訪れの喜びを分かち合うそんな会話を通して、ますます子供は発見をする喜びを実感するかもしれない。

 

「先生、あのね」って言いたくなるのは、自分が話したことを先生が心から聞いてくれるから。その結果、教室にカエルの卵やら野の草などが増えるかもしれない。そこから得られる学びの価値は計り知れない。子供の発見に共感できる先生の感性を磨きたい。

 先生をめざす皆さん自身が自然のよさや面白さを感じ取る感性を磨いておくと子供との関わりもよる豊かになっていくことでしょう。

 

 下に、子供の視点を想定して、周囲を撮影してみました。

 

(山崎正明)

幼稚園教育要領解説 学習指導要領解説  PDF

「幼稚園教育要領」の内容をくわしく解説した「幼稚園教育要領解説」が文部科学省から刊行されています。

小学校・中学校の「学習指導料要領」も、同じく刊行されています。

 

 なお、これらは、こうした紙媒体の他、文部科学省より PDFで公開されています。(257ページ)

 

 以下からダウンロードできます。

 

 幼稚園教育要領解説 (文部科学省)

北翔大学 ボランティアサークル みつばち

 ボランティアサークルみつばち代表の楠野真彩です。

教育学科初等教育コース3年です!

 ボランティアサークルみつばちでは、江別こどもまつりや江別4大学連携ボランティアで雪まつりボランティアを行っています。定期的な活動としては、障がい者施設でストレッチやゲームをしたりするボランティアも行っています!
 子どもたちや、障がいのある人を支えたい、楽しめたいという人にオススメです!
他のサークルや部活との両立も心配なしです!
教員や社会福祉士をめざしているサークル部員が多く、学校生活についてもたくさん質問できます!

 

*北翔大学のサークルや部活動を応援しています。活動の紹介や報告でこのサイトを活用してください。連絡は山崎正明 yamazaki@hokusho-u.ac.jp まで。

 

北翔大学 自治会主催 新入生歓迎会(その3)

北翔大学 自治会主催 新入生歓迎会(その2)

北翔大学 自治会主催 新入生歓迎会(その1)

講義「保育内容(表現)」

 講義「保育内容(表現)」は2年生の科目です。1回目の講義から、学生のみなさんは積極的にリズム遊びにかかわっていました。こうした積極性が北翔大学の学生のよさと言われています。

 

 さて、伏見先生の講義では、学生が、笑顔、笑顔、笑顔で楽しくやっています。実はこの講義は確かな理論と実践の上になりたっています。

 

 伏見先生は、若い頃、ニューヨークで最新のことを学んできており、そのことが講義の中に生かされています。大学生のみなさんも貪欲に学びながら、その中から学ぶ面白さを実感できたらいいなと思います、

 

 講義の最後の振り返りの中で、このリズム遊びの持つ、良さや可能性について、学生のみなさんが実感を通し、その本質をとらえた発言をしていました。さすがです。

 

 みなさんが先生になったとき、この講義で学んだことを、幼稚園や保育園、あるいは小学校(特に低学年)で、実施されるならば、音楽を通して、温かなクラスができていくにちがいありまあせん。

 

(山崎正明)

 

 今、大学時代の伏見先生の同期の高倉弘光先生は筑波大学附属小学校の音楽の先生と活躍されています。伏見先生の

講義を受けた学生の皆さんであれば、本質的な部分で共通点を見つけることでしょう。

 

 

講義「保育原理」

「今週月曜日から1年生の授業が始まりました」

本日、「保育原理」の初回の授業でした。「保育原理」の科目では何を学ぶのか確認した後、幼稚園の先生と5歳児になったつもりで、「やおやのお店」の歌遊びに取り組みました。

 子ども役を体験して子どもの気持ちを理解したり、先生役をやってみて保育者の役割を意識したりすることにつながりました。

 

文責 工藤 ゆかり

遊びを通して学ぶ

 幼児教育は「遊びを通して学ぶ」と言われています。

 このことについては、大学の講義でも学びますし、幼稚園教育要領にも示されています。

 

 「遊びを通して学ぶ」ということについて非常にわかりやすく紹介してくれているサイトがあります。強く、おすすめします。

 

 

 NHKエデュケーショナル

 

(山崎正明)

幼児教育コース 専門演習 この1年でやりたいこと

 3年生になると専門演習という保育者としての専門性を高める科目があります。

工藤ゼミでは、本日第1回目の専門演習でどのようなことに取り組みたいか話し合いました。

「大型絵本を作りたい」「エプロンシアターを作りたい」「園外保育の演習をしたい」「秋には焼き芋をやりたい」

「雪遊びの体験をしたい」など、たくさんのやってみたいことが出されました。

お昼には4年生も参加し、みんなで会食しながら4年生にアドバイスをもらい、今年1年間の計画を立てました。

文責 工藤ゆかり

幼児教育コース 専門演習

 教育学科では3年生から専門演習(ゼミ活動)がはじまります。ゼミの活動を通して専門性を高めていきます。

 

 写真は、卒業研究のゼミ活動が始まり、文献研究や、教材など意見交換をしている澤田ゼミの様子です。

講義「音楽実習 Ⅰ 」

幼児教育コース1年「音楽実習Ⅰ」の初めての講義でした。前期は、鍵盤楽器の基礎を学びます。


音楽実習Ⅰ担当 澤田

施設実習での学び

 3月、幼児教育コースの3年生は施設実習がありました。

 障害者支援施設「ハローENJOY」の「夢模様」で施設実習中の学生と利用者さんを紹介します。いつも実習生を温かくご指導いただいている施設なのですが、施設職員としての仕事の魅力を実感し、視野を広げることのできた10日間だったようです。以下は実習生のコメントです。

 

〈クッキーの生地を切る作業やクッキーの袋詰めや値札貼りをしました。食品を扱う場所なので徹底して衛生管理をしている事を学びました。初めはどう接していいか戸惑うこともありましたが一緒に作業をこなすにつれ会話も生まれ、利用者さんと仲良くなることができ毎日が楽しいです。〉

 

(伏見千悦子)

*利用者さんの掲載許可をいただいています。

 

北翔のエゾリス君

 北翔大学に住んでいるエゾリス君。

 写真で見つけられますか?

 大学の近くには野幌森林公園があって、自然環境には非常に恵まれています。

 エゾリス君に会いたい人は朝早く、図書館の近くに行ってみてください。

8月からの教育実習に向けて

 幼児教育コースの「幼稚園教育実習」は3年生の8月からはじまります。2年生の「教育実習事前指導」「導入実習」を経て、3年生前期の「幼稚園教育研究1」を中心に準備をすすめていきます。

 実は、この春休みに教育実習に行く学生は、実習を引き受けてくださる幼稚園に挨拶に伺わせていただいています。

 その中で、教育実習の準備として幼稚園の見学やボランティアをさせていただいています。

 2年生の福舛さんは、春休み中たくさん見学をさせていただけたそうです。彼女は、これまでの講義で学んだことを発展させ、自主的に左のような記録をとったそうです。

 

 その熱意や意欲が素晴らしいので、このサイトにも紹介させていただきました。

 高校生や下級生のみなさんに、こんな大学生の姿をしってほしいという思いでこの記事を書いています。

 

 気のついたことをノートにぎっしり書いています。ただ見学するのではなく、こうして記録にしてくることで新たな発見もあったそうです。こうした体験をしたうえで「幼稚園教育要領の解説」を読むと、理解が一層深まるでしょう。

 なお、福舛さんの書いた一文をを紹介します。「大雪でも雨でも元気いっぱい自然と関わる子どもの様子や、様々な材料から考えを凝らして、何かを作ろうとしている子どもの姿を、目の前で見ることが出来てとても勉強になりました。」

 子供を見る視点が素晴らしいです。

(山崎正明)

 

«関連記事»

 

 ☆教育実習に向けて意欲的に学ぶ

強力なサポートによって就職率100%

 北翔大学教育学科の前年度の就職率は100%です。さらに 教員採用試験では北海道の私立大学でナンバーワンです! 

 採用試験対策はなどは学科を越えて北翔大学全体で強力にバックアップしてくのはもちろんですが、それだけではなく、様々な進路に対応できるようキャリア支援センターがあります。このようにして、学生のみなさんのきめ細かなニーズに応えています。

 新入生のみなさん、キャリア支援センターにもぜひ足を運んでみてください。

大学生の生活をサポート

 大学生の皆さんが豊かな大学生活を送れるよう北翔大学では様々な部門で支援しています。

 例えば、江別市ではじめて生活をする学生のみなさんもいることから、「学生生活支援オフィス」では、江別市所や江別警察署の方にいらしていただき、講話いただく機会を設けました。

4月14日(土)は新入生歓迎会 !

 4月14日(土)は学生自治会主催の「新入生歓迎会」があります。いろいろな人との出会いが、自分の世界を広げ、深めてくれるでしょう。

 

 昨年の様子は以下から御覧ください。

 

 ☆北翔大学 学生自治会主催 新入生歓迎会(その1)

初等教育コースの時間割づくり

 初等教育コースでも新入生の時間割づくりが上級生のサポートによって、順調に進みました。

 助け合い、相談しながら時間割づくりをすすめている雰囲気が和やかです。

 先生を目指している人たちだけあってコミュニケーションの力も高いのだと思います。

 

みんなでコースをつくる

 5日、幼児教育コースの2年生は1年生の時間割づくりのサポートをしたわけですが、実は5日は交通障害の関係で、2年生全員がそろったわけではありませんでした。しかし6日に、5日に来れなかった2年生が来てくれました。写真は1年生が2年生に大学生活などの質問をしている様子です。

 さて、わざわざこの時間に来てくれた2年生の姿を見て「みんなでコースをつくる」そんな意識を感じました。素晴らしいです。

 

(山崎正明)

北翔大学 サークル活動 Yosakoi  友和

部活動やサークルの宣伝などでこのサイトを活用したい人は 山崎正明に連絡ください。

北翔大学 幼児教育コース 新入生 時間割づくり

 幼児教育コースの時間割づくりでは、2年生が、1年生の時間割づくりアドバイスをしてくれました。とても、あたたかい雰囲気でした。

 教室では、互いに自己紹介をしながら、最後は勢いで1,2年生で記念写真。緊張していた一年生のみなさんも笑顔、笑顔、笑顔。

北翔大学 教育学科 オリエンテーション

 入学式の翌日は、教育学科4コース(初等教育コース・養護教諭コース、幼児教育コース、音楽コース)のみなさんが全員集まった中でのオリエンテーションでした。

 

 真剣に話を聴く、眼差しが素敵でした。そして、緊張した中でも、自然にわきあがる拍手、さすが「教育学科」です。共によりよい大学生活をつくっていきましょう。

 

平成30年度 入学式 教育文化学部オリエンテーション

平成30年度 北翔大学 入学式

北翔大学 教員採用 北海道の私学 ナンバーワン!

北翔大学 入学前学習支援

北翔大学3年生 石川慎也さん 打楽器で快挙!

 教育学科音楽コース3年の石川慎也さんが、3月11日に開催された北海道打楽器協会主催の新人オーディションに於いて最優秀新人賞を受賞しました。

 この後、4月1日に埼玉県和光市文化センターでの全日本打楽器連盟主催の「ルディメンツJAPANフレッシュコンサート」で演奏し、さらに、5月20日の「北海道打楽器フェステバル2018」に推薦されます。おめでとうございます!

 

鈴木しおり

北翔大学 平成29年度 学位授与式

北翔大学ピアノスタジオ

 3月14日(水)、北方圏学術情報センター・ポルトホールに於いて、北翔大学ピアノスタジオ企画「第2回 春のクラシック・コンサート」が開催されました。教育学科音楽コース鈴木しおりゼミの1、2.3年生が中心になり、年度末のこの時期に一年間の練習の成果を地域の皆さまへ披露させていただきました。演奏終了後のロビーでは、一般のお客様もお見送りに出た演奏者へお声かけ下さり、また、アンケートには、さまざまな激励(一部、課題も)をいただき、一同、新たな気持ちで新年度を迎える準備ができました。

3月31日「キミのアトリエ」開催

北翔大学養護教諭コース オープンキャンパス

 養護教諭コースの体験授業は,看護学を担当している丸岡先生の「救急車の来るまでに」でした。
突然倒れた人を発見した!
目の前で苦しそうな人がいる!
そんな時に「救急車が来るまでに」できることを学びました。
心肺蘇生のために体の場所の確認したり,正しい姿勢も学びます。
 まあt,学生スタッフ4名と一緒に,オープンキャンパスに参加した高校生は心肺蘇生の実際を体験しました。
折しも本日は,3月11日でした。
7年前のことを思い出し,いざという時に備えたい気持ちになりました。
(佐々木浩子)

北翔大学 養護実習に向けたオリエンテーション

 4月から始まる養護実習に向けたオリエンテーションとして,養護実践学演習が始まります。
初めて着た白衣はまだ折シワがついたままです。
 今週と来週気を引き締めてがんばります!

ゼミ研修報告「冬の遊び体験」

当方のゼミでは、月毎に様々な学外での体験活動を企画しています。多様な体験を通して実践力や企画力、指導力などを培ってほしいと願っています。

今回は3年生が「冬の遊び体験活動」を目的に新篠津村に出かけました。

はじめに、ワカサギ釣りに挑戦。4名ずつ小屋に分かれて…餌をつけ、釣り糸を垂らして、3時間が瞬く間に過ぎ…、ウグイも釣れました戦果は…調理していただき、昼食の箸休め?となりました。

 

続いて、ジップライン、バナナボート、バギーに挑戦。吹きすさぶ風を物ともせず、活き活きと楽しむ彼らはまさに「風の子」…。凍えそうになりながら、弾ける笑顔を見守るひと時でした。最後に併設のタップの湯でしっかり温まり、帰路につきました。

 

北国に適した児童の遊びは限られますが、次回は雪山を活用した体験活動を企画したいとのことです…どのような企画が生まれるか楽しみにしているところです。これからも学びにつながる様々な体験活動を模索したいと考えています。

 

文責:小杉直美

ゼミ学外研修(近隣の歴史と文化に触れる)

 今年度最後のゼミ研修に、3、4年生合同で、近隣の都市の歴史と文化に触れる学外研修に出かけました。目的地は小樽です。小樽駅に15名集合! 早速、小樽駅隣接の三角市場を探検しました。
続いて、小樽市立総合博物館本館に向かいました。小樽駅から手宮口まで30分は歩いたでしょうか・・・。北海道初の鉄道である手宮線、小樽や北海道の開拓に大きく関わった鉄道路線のジオラマや鉄道展示品を通して改めて北海道の交通史を知り、小樽の繁栄をうかがい知ることができました。
次は、歩いて20分程のところにある小樽市立総合博物館運河館へ。小樽市の歴史と自然環境がテーマですが、建物は明治26年に建てられた「旧小樽倉庫」で、北海道では珍しい瓦製のシャチホコ屋根が特徴的でした。軟石を張り巡らせた「木骨石造」と呼ばれる、小樽の倉庫建築独特の様式で歴史的価値の高い建物でした。中庭には雪山があり、そり遊びで、束の間、童心に帰る学生たちの笑い声が響きました。
その後はしばし小樽運河を散策、記念撮影に勤しみました。平日でしたがアジア系の観光客であふれていました。
そして、小樽キャンドル工房にて、キャンドル手作り体験。思い思いの色遣いで仕上げました。完成を楽しみにしながら、北一ヴェネツィア美術館まで足を伸ばしました。
予定していた見学箇所の全ては回りきれませんでしたが、商都として栄えた小樽の歴史と文化に思いをめぐらせた一日でした。未知の町を探検する楽しさを、企画引率する機会に活かしてくれることを願っています。研修後、日暮れとともに4年生を送り出す会が3年生の企画で催され、小樽の楽しい夜は更けていきました。


文責:小杉直美

北翔大学ピアノスタジオ「春のクラシックコンサート」

ゼミのフィールドワークで裁判傍聴・模擬裁判

 佐々木ゼミでは、学外活動として恒例の裁判傍聴・模擬裁判、道議会傍聴、旧道庁赤レンガ博物館見学を2月下旬に実施しました。

 

1. 裁判傍聴 

内容はその時によって異なりますが、実際の刑事裁判を傍聴します。今回も、皆、多少緊張した面持ちで傍聴をしておりました。

 

2. 模擬裁判

実際の法廷を使用し、学生が裁判官、検察官、弁護士、被告、証人となって行うロールプレイングで、所定の位置についてそれぞれの役のセリフを言います。どの役の学生も真剣に臨んでおりました。法廷内の写真を載せることができませんので、紹介できないのが残念です。

 

活動の最後に裁判所の方にお礼を述べた学生が次のように言っていました。

「生徒指導のゼミで学んでいるため、将来自分が関わる児童を被告席に立たせたくないという気持ちで、教員になっても頑張ります。」

 このことこそ、毎年裁判の傍聴を学外活動としている大きなねらいです。

 

 この他にも道議会傍聴、赤レンガ博物館見学をして一日の予定が終了です。朝から夕方までびっしりでしたので、少し疲労もありましたが、小学校教員を目指す学生にとって意義のある体験でした。夕方からは、皆でわいわい食べたり飲んだり交流を深める時間になりました。

 佐々木ゼミでは、学内の勉強だけではなく外に出て実体験することを今後も大切にしていきます。

 (文責:佐々木 邦子

未来をつくる北海道ユースミーティングの実施

 北海道道民生活課青少年グループ主催により、教育学科の学生約20名が、本学を会場にグループワークをしました。テーマは、「SNSの利用に起因したトラブル・被害の防止について」です。昨今、SNSによる未成年者の被害が急増している状況に鑑み、若者の視点でトラブルや被害を防ぐ手立てについて話し合うことが目的です。

 このユースミーティング参加したのは、「生徒指導論」を履修している初等教育コース、養護教諭コースの2年生です。小学校教諭・養護教諭希望学生が、各々の教職種別でどのような指導をするのが児童生徒を危険から回避させることになるのか話し合いました。その後話し合った内容をグループごとに発表しました。

はじめに警察の方から、SNSに対する注意喚起をパワーポイントでお示しいただき、それを受けて話し合いに入りました。特定のテーマについて、一貫性をもってつきつめて思考をし、そこから自分たちの考えを導き出すのはそれほど簡単なことではありません。それだけに参加学生にとっては、とてもよい体験になったのです。

 

(文責:佐々木 邦子)

 

北翔大学で夢を叶えました (1)

北翔大学で夢を叶えました(2)

教育実習に向けて意欲的に学ぶ

 現在幼児教育コースの2年次のみなさんは、今年8月からの教育実習先も決まり、園にご挨拶に伺っているところです。さて、先日、ある学生に教育実習に向けてどのような準備をしているか聞いてみたところ、見せてくれたのが、このノートです。

 まだ見ぬ子ども達のために、いまできることを精一杯やっています。素晴らしいです。

 

 この取り組みが、あまりにも素晴らしいので、本人に発展として、この本を紹介しました。この取組をしたのは古賀さんです。

 

 その時の本を見る表情〜このことを「目を輝かせて」というのですね。

 

 なお、この本は 絵本を使って 子ども達に直接的に何かをさせるための参考書ではありません。

 

 子どもが「遊ぶ」ということの本質をとらえて、構成されています。

 ですから「絵本から広がる遊びの世界」なのです。

 

 

 

(山崎正明)

 

北翔大学 大学入試センター試験利用入学C方式