ブログカテゴリ:国際交流



13日 10月 2019
06日 12月 2018
18日 4月 2017
09日 4月 2017
〈関連記事〉  ☆北翔大学の海外研修「フィリピン・カオハガン島研修6日間」
01日 7月 2016
 音楽コース4名が5月下旬からアメリカ、テネシー大学で行われた「国際チューバ/ユーフォニアム大会」へ参加!...
26日 6月 2016
30歳を目前にしたインド系アメリカ人男性が、家族の助けを借りて完璧な結婚相手探しに大奮闘。二つの文化のはざまで四苦八苦する姿をおもしろおかしく描いた作品です。...
22日 5月 2016
15日 3月 2016
今年度初めて、フィリピンのカオハガン島で多文化理解体験研修が実施されました。1991年に日本人の崎山克彦氏が島全体を買い取り、自然と共生して暮らす「何もなくて豊かな島」として注目されています。この島は国連の定める貧困レベルをさらに下回るのですが、崎山氏により衛生環境や教育、医療などの基本的インフラは整備され、島民は笑顔で幸せに暮らしているそうです。  北翔大学の研修団一行は3日目に島の小学校を訪問しました。全校児童数は約150名、各学年20名程度で、午前中は3年生、午後は4年生のクラスを対象に図工の授業を一緒に行いました。学生と児童とのコミュニケーションは英語と覚えたてのビサヤ語ですが、絵を描いたり、身ぶり手ぶりで通じ合えたようです。事前に準備していた授業計画通りに進行し、こちらから持って行ったクレヨンは子供たちに大好評で、思い思いに楽しんで描いていました。 また、1日ホームステイで「持続可能な」生活を体験したり、熱帯珊瑚礁保護や海洋環境・海洋生物保護など地球環境保護活動を学んだりと、非常に中身の濃い充実した研修を終えて帰国しました。 (エクステンションセンター(国際交流) 戸ノ崎 聖子)
20日 12月 2015
北翔大学の2年生の綿木さんが、小学校に授業に行きました。彼女がカンボジアで体験してきたこと(子供達と関わってきたこと)を、小学生に話して欲しいというリクエストがあって実現したものです。...
21日 5月 2015
大学生の海外研修のレポートです。お読みください。 「ブログをご覧の皆さん、こんにちは。北翔大学の4年生 植野です。 現在は幼稚園コースに所属し、幼稚園教諭一種免許取得に向け学んでいます。  さて、北翔大学には『国際交流センター』という教室があります。...