講義「保育内容(環境)」

幼稚園教育要領の五領域「環境」を学ぶための講義。大学から徒歩数分で野幌森林公園。のんびり歩きながら「自然」を味わう。こういうときって幼児はどう感じるだろう?そんなことを考えながら。

豊かな教育資源としての野幌森林公園

 北翔大学のすぐ近くにこんな自然豊かな森が存在することは、本当にありがたい。さらに、その野幌森林公園の中の「自然ふれあい交流館」の存在も大きい。将来、教職を目指すものにとって、素晴らしい学習環境といえるだろう。自然にかかわることで子供が学ぶこと、あるいは育まれるもの、そんなことを実際の自然の中に見を置き、体感しながら考えることは、大きな意味を持つにちがいない。